「劇団Camelot」は、世界の伝説や神話、様々な歴史などを、紹介する猫のキャラクターです。


詳しくはカテゴリー「劇団Camelotとは? (総合案内)」をご覧ください。

魔裟斗

多キャラ箱(2016年12月12日~2016年12月18日)

(集計2016年12月12日~2016年12月18日)
(集計2016年12月12日~2016年12月18日)

オリジナルキャラクター登録サイト「多キャラ箱」週間ランキングにて「劇団Camelot」「CatBoxer アーサー」でのワンツーフィニッシュ。


および「劇団Camelot」が3週連続で1位



「多キャラ箱」での「 劇団Camelot」紹介ページはコチラ


「多キャラ箱」での「 CatBoxer アーサー」紹介ページはコチラ 



応援よろしくお願いします♪

歴史の立会人としてのK-1


古代オリンピックは、紀元前9世紀(今から3000年近く昔)に政治的かつ宗教的なニュアンスを持ってスタートした。
スポーツもまた立派な歴史である。


そして、歴史には、立会人としての歴史も存在する。

大昔から学ぶことだけが歴史ではないのである。



最近また盛り上がりつつあるK-1であるが、その試合内容や選手のレベルは一大ブームだった頃と同等以上である。

しかし、それでもプロ・スポーツというのは、資本母体の都合もあり内容がそのままブームにつながるものでもない。


K-1というのは、メジャー・スポーツに比べると、その歴史の短さと最盛期の盛り上がりの大きさ、そういったものが、まさにリアルタイムで歴史が積まれていく魅力が存在する。


まさに立会人としての歴史という要素が詰まっているのである。

古代オリンピック



1992年10月4日
「格闘技オリンピックIII~カラテワールドカップ '92~」というイベントで、10万ドル争奪世界最強決定トーナメント"を来年開催すると発表される。


1993年4月30日
第1回大会「K-1 GRAND PRIX '93 ~10万ドル争奪格闘技世界最強トーナメント~」が開催され、8選手による無差別級ワン・デイ・トーナメントが行われた。


空手、キックボクシング、カンフー、拳法など、いくらかの打撃系立ち技格闘技の頭文字が「K」であることから、そのナンバー1を決めるイベントとしてK-1と命名された。




それまで、世界的にプロ格闘技といえばボクシン一択が常識的な共通認識であった。

約300年の歴史を誇る近代ボクシングは技術体系が洗練され、スポーツとして成熟している反面、粗暴さや野性味は失われていた。
また、日本人にとってボクシングと言えば、日本人選手の活躍できる軽量級以外はそう目にする機会がなかった。


そこで登場したK-1は、ヘビー級の外国人が荒々しく格闘する様子をみせつけ、当時の日本人は大きな衝撃を受けた。


日本人が日本人を応援するという、ナショナリズムを土台にしたスポーツ観戦とは別の角度の完全コンテンツ勝負のイベントは、ギャンブル的な側面のあるスタートであったがK-1は見事に一大ブームを切り開いていく。


以後18年間毎年このトーナメントは実施され、その規模はどんどん大きくなっていき、世界的に知名度の高い格闘技ブランドとなり権威あるキックボクシングのプラットフォームなる。


2002年には「K-1 WORLD MAX」として70Kgクラスのイベントが創設され、日本人の世界チャンピオン(魔裟斗)も誕生した。



2010年頃から興行体制の混乱が大きくなり「K-1」の看板を掲げたイベントが困難になっていった。
しかし、近年再び、軽量級を軸に新たな盛り上がりをみせている。



K-1を盛り上げた選手は枚挙にいとまがないので、そんなK-1の歴代WORLD GP優勝者に絞って紹介をしていこうと思う。



ホットピンクT
ClubT  Cat Boxer アーサー「Camelot Sports」 
(Tシャツ 税抜3200円,長袖Tシャツ,スマホケース各種 など)



ジップパーカー・バック
ClubT  Cat Boxer アーサー(BackPrint) 「Camelot Sports」
(ジップパーカー 税抜4350円,長袖Tシャツ,Tシャツ など)

読者登録
QRコード
QRコード
メッセージ

名前
メール
本文
RSS
  • ライブドアブログ