「劇団Camelot」は、世界の伝説や神話、様々な歴史などを、紹介する猫のキャラクターです。


詳しくはカテゴリー「劇団Camelotとは? (総合案内)」をご覧ください。

明治維新

初代筆頭局長 芹沢 鴨

芹沢鴨



芹沢は、水戸藩出身の浪士であるが、出自においては、いくらかの説があり、断定できるものはない。


 

剣の腕は、戸賀崎熊太郎に神道無念流剣術を学び、免許皆伝を受け師範代を務めた。

 

 


 

メンバーの一部が桜田門外の変という歴史的な事件を起こす玉造勢という組織に芹沢は参加し、尊王攘夷のために、豪商を周り、資金集めに奔走していたが、乱暴な手段が悪評を呼ぶ。

 

その恐喝まがいの資金集めがもとで、芹沢は牢獄生活を送ることになる。

 

 

釈放された芹沢は、国家国事のために尽くした事が元罪人という結果になった不満、持って生まれた我の強さと上昇志向から、その身を持て余していた。

 

 芹沢鴨
 

そんな折に、将軍・徳川家茂が京都に行った際の警護の浪士が募集される。

 
 

尊王攘夷への思いから罪人にまでなった芹沢は、天皇のいる京都で仕事することに、ガラに似合わず胸が躍った。

 

 

芹沢は、玉造勢の頃からの仲間である新見錦をはじめ、平山五郎・平間重助・野口健司などを従えて浪士隊に参加。

 

 

 

京都に辿り着いた浪士隊は、壬生浪士組から新撰組に名を変え、徐々にその存在感を増していくが、隊内は近藤派と芹沢派の確執が色濃くなる。

 

 

数の上では近藤派の方が多かったが、芹沢の持つ存在感と圧倒的な威圧感、それに高圧的な態度が、隊内で芹沢派の意見を強くしていた。

 

 

その結果、近藤と芹沢による局長二人体制を望む近藤派の主張を退け、壬生浪士組は芹沢・近藤・新見による局長三人体制および筆頭局長が芹沢という形になる。

 

 

 

 

壬生浪士組は会津藩の預かりという形になっていたが、当初は給金の支給がほとんどなかった。

 
 

そのため芹沢は、大阪の商家などから恐喝まがいの資金集めを、隊のため自分のため率先する。

 
 

しかし、このような事は会津藩の評判に関わるので、これに困った会津藩は壬生浪士組に対して正式に手当を支給することになり、芹沢の乱暴狼藉はやり方はとにかく、壬生浪士組の運営を安定させるという結果を出したのは確かであった。

 

壬生村2

隊でのヒエラルキーはトップに位置し、形はどうあれ結果を出し、生来の我の強さが増長する一方であった芹沢は、18636月、道ですれ違った大坂相撲の力士が、道を譲らなかったことに激昂して暴行を加える。

 

そこに力士の仲間が駆けつけ乱闘になり、力士側に死傷者が出る騒ぎとなった。

 

 

当時の常識的な感覚として、侍に道を譲らないことが無礼なのは確かであり、力士側も江戸からやって来た侍をなめていた部分があったことが想像でき、また、奉行所は力士側に非があると判断し、力士側は壬生浪士組に50両を贈り詫びを入れるという結果になっている。


 

ただ、そういったことが考慮できるものの、やはり、この騒ぎも芹沢の我の強さを表していた。

 

 

 


 

芹沢の豪胆さを強いリーダーとして頼もしく感じる隊士もいる一方で、壬生浪士組で天下の大仕事をして近藤の出世を願う土方は反感を強めていく。

 

 

 

そんな折に、芹沢は、気に入っていた吉田屋の芸妓である小寅が、芹沢に肌を許さなかったことに立腹し、店を破壊すると主人を脅して、小寅とその付き添いのお鹿を呼びつけると二人を断髪させるなどの恥辱を与える。

 

 

 

 

芹沢がいては、新撰組の評判は悪くなり大きな仕事ももらえず、近藤を出世させることが出来なくなると考えていた土方は、厳しい隊の規律である局中法度をもとに芹沢派の新見錦を切腹に追い込んだ。

 

八木邸・芹沢暗殺痕
 
 

18639月、芹沢は、平山五郎、平間重助と、それぞれのお気に入りの女と共に泥酔するまで飲み、それぞれ女と一緒に眠りにつく。

 

 

大雨が降る深夜、芹沢の寝ている部屋に4人の男が押し入り、一緒に寝ていた女のお梅もろとも芹沢はメッタ斬りにされる。

 

 

近くで寝ていた芹沢派の平間は逃亡に成功するが、平山は殺害された。

 

 

ただ一人、隊に残っていた芹沢派の野口健司は12月に切腹となる。

 

 

 
 

芹沢暗殺の実行者は諸説あるが、4名によるもので、確実視されているのが土方歳三と沖田総司、ほぼ確実に原田左之助、おそらく山南敬助とされている。

 

 

 

 

芹沢は、豪胆で横柄な人柄を伺わせるエピソードが残り、特に創作では手のつけられない凶暴な悪漢のように描かれるが、分宿していた八木家の娘が夭折した際には、誰よりも率先して葬儀を手伝ったり、子ども達には面白い絵を描いて喜ばせたりしていたので人気があったという



近藤勇Tシャツ・ターコイズ
ClubT  近藤 勇 「劇団Camelot」 
(Tシャツ 税抜3000円,長袖Tシャツ,スマホケース各種 など)



近藤勇ジップパーカー
ClubT  近藤 勇 「劇団Camelot」 (BackPrint )
(Tシャツ 税抜3000円,長袖Tシャツ,ジップパーカー など)



「新撰組」が生きた幕末という時代


新撰組に限らず、幕末の志士達の話は、どうしてもこの時代の背景をザッとでも理解していないと、わけが分からなくなる部分がてんこ盛りである。


そこで、詳しい人からしたら、そんなレベルの話する?ってことも含め、詳しい人からしたら、そんな単純じゃなくない?って感じになりつつも、幅広く理解してもらえるように幕末を説明しようと思う。




まず、江戸時代の徳川将軍は日本の統治者として君臨していたが、形式的には天皇から将軍が政治権力を預かっている状態である。

つまり、天皇の権威によって、権力を将軍に貸しているということ。



次に、幕末に度々登場する「尊王攘夷」とは、天皇を尊び(尊王)、外国勢力を討つ(攘夷)という思想で、幕末期のあらゆる勢力が、基本的には尊王攘夷である。



さて、当時の世界は、欧米列強のアジア進出により、アジア人達は欧米人に牛馬のごとく扱われ、財産と労働力を好き放題に搾取されていた。

そんな欧米の進出に抵抗する気運が日本国内で高まっていく。


そのため、天皇の朝廷は、長年続けてきた鎖国体制を維持する考えであった。


一方、徳川幕府は黒船来航などにより外国の圧倒的な軍事力を目の当たりにしたので、朝廷の意に反して、開国路線を選択するようになる。


そこに付け込もうとするのが、薩摩藩(現在の鹿児島県)や長州藩(現在の山口県)といった徳川幕府に代わって権力を手にすることを狙う勢力であった。

弱腰外交の徳川幕府が天皇の意に反したと、尊王論を煽り、徳川幕府では政権運営能力不十分という声を高めていく。


しかし、薩摩も長州も薩英戦争や下関戦争などで外国との軍事力の差を認識すると、非現実的な攘夷論は消えていき、開国論に転じていった。



結果、もともと徳川幕府が「近代化を優先して、外国との交易によって富国強兵を目指し、欧米に対抗できる力をつけた後に攘夷を決行する。」という、鎖国維持を訴える天皇を説得するための方向性を、薩摩や長州といった倒幕派も採用するようになり、徳川も薩摩・長州も意見や主張は完全に一緒になる。




一方、もともと朝廷内は徳川支持が主流派であったが、倒幕派の下級公家の岩倉具視らの画策により、朝廷内から倒幕の声が急速に強くなっていく。


危機を感じた15代将軍・徳川慶喜は、1867年11月9日、朝廷から徳川幕府に貸し出されていた政治権力を明治天皇に返上し、徳川幕府が消滅する。

これを大政奉還という。


徳川慶喜が大政奉還に踏み切った理由は、武力倒幕を望んでやまない薩摩・長州から攻撃の口実を奪うためであった。

権力を返してしまえば、政権運営能力がないという口実は消滅する。


そうして薩摩・長州との武力衝突を避け、天皇の意志に任せ、合議のうえで改めて徳川主導の国家体制にすることを徳川慶喜はねらっていた。


徳川慶喜の思惑は順調に成功しつつあったが、1868年1月3日、倒幕派の下級公家の岩倉具視らは、徳川びいきの朝廷首脳を排除し、徳川慶喜の身分の剥奪と徳川家の領地全ての没収を決定させる。

これを王政復古の大号令という。

目的は、明治新政府が徳川主導になることを阻止し、さらに理不尽な措置で徳川勢力の反感を煽って戦争に持ち込み、旧幕府勢力を根絶やしにすることであった。




新政府の目論み通り、徳川慶喜は旧幕府勢力の声に押される形で武力衝突を表明する。


こうして「鳥羽・伏見の戦い」が勃発するが、旧幕府軍は敗れ、この敗北を機に、大勢は一気に新政府軍に傾いていく。




このようにして、国内を占めるイデオロギーは「尊王攘夷」一色でありながら、その旗手を徳川が務めるか薩摩・長州が務めるかで、国内が分裂し、さらにそれぞれが天皇の権威を求めたため、幕末の京都は複雑な政争が展開されていた。 


新撰組は、そんな京都で、反幕府勢力を取り締まるための武装組織である。


京都で活動する不逞浪士や倒幕派の捜索や捕縛、担当地域の警備、反乱の鎮圧などを主な任務とし、同時に、厳しい隊の規則に違反した者を次々に粛清するなど内部抗争も繰り返した。



幕末というのは、日本から武士らしい武士がいなくなったと言われて久しい時代である。

そんな時代に、武士らしくあることにこだわった新撰組は、流行り言葉と違う本当の意味でのラスト・サムライなのかもしれない。



明治以降の日本は、新撰組と敵対していた薩摩と長州の出身者が政治の実権を握ったため、当然のごとく新撰組の歴史は否定的に歪曲された。それに伴って史学的な研究も遅れる。


しかし、第二次世界大戦後は、映画やテレビドラマで新選組が主役に扱われることも多くなり、何度となく新選組ブームが起きるようになった。


新撰組は、いつまでも「誠」の旗のもとで、今も時代と戦っているのかもしれない。


そんな「新撰組」の隊士7人をピックアップし、それぞれの生涯を表現します
局長


「新撰組」最盛期のメンバー構成


局長         近藤勇

副長         土方歳三
総長         山南敬助

一番組組長  沖田総司
二番組組長  永倉新八
三番組組長  斎藤一
四番組組長  松原忠司
五番組組長  武田観柳斎
六番組組長  井上源三郎
七番組組長  谷三十郎
八番組組長  藤堂平助
九番組組長  鈴木三樹三郎
十番組組長  原田左之助

LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード
QRコード
QRコード
メッセージ

名前
メール
本文
  • ライブドアブログ