「劇団Camelot」は、世界の伝説や神話、様々な歴史などを、紹介する猫のキャラクターです。


詳しくはカテゴリー「劇団Camelotとは? (総合案内)」をご覧ください。

土方歳三

三番組組長 斎藤 一

斎藤一



斎藤は、山口祐助とますの子として生まれ、父の山口祐助は播磨国明石藩の足軽であったとされているが、戊辰戦争後の斎藤の会津藩との関わりの深さから疑問視もされている。

 

 

 

斎藤は19歳の時に、江戸小石川関口で旗本と口論になり、相手を斬ってしまうと、父と兄に旅支度をさせられ、すぐに京都へと旅立った。

 

 

京都に着くと、父の友人が開いていた聖徳太子流剣術道場主に身をかくす。

 



 

一方、将軍・徳川家茂が京都に行った際の警護役として募集され浪士隊が江戸から京都にやって来ると、浪士隊は壬生浪士組に名を変え、同日、京都で新たに隊士を募集すると、斎藤を含めた11人が入隊し、京都守護職である会津藩(伝統的に幕府と縁が深い)の藩主である松平容保の預かりとなった。

 

 

斎藤と近藤や土方との接点には諸説あるが、この入隊時が出会いというのが有力視されている。



 

新選組幹部の選出にあたり、斎藤は20歳にして副長助勤に抜擢された。

 

後の組織再編成の際には三番隊組長となり、沖田や永倉らとともに新選組の撃剣師範を務める。

 

 

 

永倉は弟子に「沖田は猛者の剣、斎藤は無敵の剣」と語ったといわれ、剣の腕はあの沖田に匹敵する強さであった。

 

壬生村2
 

斎藤は、土方からの信頼が特に厚く、新撰組内部での粛清役や暗殺役といったダークな仕事を数多く務める。

 

また、その土方からの信頼の厚さゆえに、スパイとして組織外に派遣されることもあった。

 

 

斎藤が謎に包まれている部分が多い人物でもあるのは、記録に残せない影の仕事に関わる機会が多かったたである。

 

 

 

 

新撰組の名を天下に轟かせた池田屋事件の後、藤堂平助の仲介で才能豊かな伊東甲子太郎が新撰組に加わるが、近藤と伊東が時局を論じ合った際に、徳川幕府あっての尊王攘夷という考えを持つ近藤に対して、伊東は孝明天皇の衛士になることを主張したため、近藤は伊東らの分離を警戒した。

 

 

近藤の予想通り、伊東は新撰組から分離した御陵衛士を結成すると、斎藤は、土方の指示で、この伊東の御陵衛士に潜入スパイとして参加する。

 

 

新選組が伊東ら御陵衛士を暗殺した油小路事件は、斎藤がスパイとしてもたらした情報に基づいて計画・決行がなされた。

 

 

 

 
 

1867119日に将軍・徳川慶喜は大政奉還を行い、朝廷から徳川幕府に貸し出されていた政治権力を明治天皇に返上し、186813日には岩倉具視らによって王政復古の号令が発して徳川慶喜の身分の剥奪と徳川家の領地全ての没収を決定し、明治新政府が樹立する。

 

 

こうして徳川幕府は政治の実権を完全に失うことになった。

 

小枝橋の戦い(鳥羽・伏見)
 

どう好意的に解釈しようとしても暴虐で挑発的な薩摩藩に対して、徳川慶喜の周囲では「討薩」を望む声が高まり、慶喜は討薩を決定するが、1868(明治元年)127日、旧幕府軍と新政府軍における「鳥羽・伏見の戦い」で旧幕府軍が敗れると、新選組も幕府軍艦で江戸へと戻る。

 

 

 

 

江戸に戻った新撰組は、旧幕府から新政府軍の甲府進軍を阻止する任務を与えられ、甲陽鎮撫隊と名を改めて、甲州街道から甲府城を目指して進軍するが、その途中、甲州勝沼の戦いにおいて新政府軍に敗退した。

 

 

 

斎藤はいずれの戦いでも最前線で戦うが、銃撃戦がメインの戦闘では大きな活躍を見せることが出来ずに終わる。

 

 

 

近藤が流山で新政府軍に投降して板橋刑場で斬首されたあと、斎藤は、土方歳三らと一旦別れ、隊士の一部を率いて会津へ向う。

 

母成峠の戦い
 

斎藤ら新選組は、会津藩の指揮下に入り、白河口の戦いや母成峠の戦いにも参加するが、劣勢に次ぐ劣勢により若松城下に退却する。


 

この時、大鳥圭介らと共に宇都宮城の戦いに参加するも敗走してきた土方と再開した。

 

 

その後、土方は庄内から北へ北へと転戦し北海道まで行くが、斎藤は会津に残留し、会津藩士とともに城外で新政府軍への抵抗を続ける。

 

会津藩
 

会津藩が新政府軍に降伏したあとも、斎藤は頑なに戦い続けるが、新撰組の雇い主であった松平容保の説得に応じて投降した。

 

 

新撰組時代の斎藤が、土方から厚い信頼をおかれていたのは、こうした強情で信念が固いながらもリーダーには従順な一面があったことによると推測が出来る。

 

 

捕虜となった斎藤は、旧会津藩領の塩川や越後高田で謹慎生活を送った。

 

 

 

 

謹慎生活を終えた斎藤は五戸に移住し、元会津藩では超がつく名家の篠田家のやそと結婚するが、この結婚生活は3年ほどで終わってしまう。

 

その原因については、不明であり、単に離縁だったのか死別だったのかも分かっていない。

 

 

 

斎藤にとって二度目の結婚の相手も元会津藩の大目付であった高木小十郎の娘である時尾であった。

 

この結婚には、元会津藩主・松平容保が上仲人、元会津藩家老の佐川官兵衛と山川浩、倉沢平治右衛門が下仲人を務める。

 

斎藤と時尾は三人の男の子に恵まれた。

 

斎藤 一1
 

こうした斎藤に対する元会津藩の扱いから、冒頭の出自の定説に疑問視の声が多くなっており、斎藤は実は歴とした会津藩出身の武士だったのではないかとも言われている。

 

 

 

 

明治7(1874)7月、東京に移住し、警視庁に採用され、内務省警視局で警部補に昇任し、西南戦争に参加した。

 

大砲2門を奪取するなどの大活躍をし、その様子は東京日日新聞に報道され、斎藤は政府から勲七等青色桐葉章と賞金100円を授与される。

 

 

その後、警視庁が再設置され、斎藤は麻布警察署詰外勤警部として勤務し、明治25(1892)に退職した。


 

警視庁退職時に、東京高等師範学校校長・高嶺秀夫(元会津藩士)らの推挙で、東京高等師範学校附属東京教育博物館(現在の国立科学博物館)の守衛長となる。

 

警視庁
 

明治32(1899)には東京女子高等師範学校に庶務掛兼会計掛として勤務し、明治42(1909)に退職した。

 

 

 

そして、大正4(1915)928日、71歳で胃潰瘍のため東京府東京市本郷区真砂町で死去。永倉新八とほぼ同時期に死去したことになる。

 

 

 

 

新撰組ではスパイとして働く機会が多かったことから謎の多い人物であったが、長生きしたため、後年はいくらかの証言が残っており、刀での戦闘経験について「どうもこの真剣での斬り合いというものは、敵がこう斬りこんで来たら、それをこう払っておいて、そのすきにこう斬りこんで行くなどという事は出来るものではなく、夢中になって斬り合うのです。」という証言を残した。

 

 

日本史上最強という解釈もできる沖田総司に匹敵する強さであった斎藤の証言だけに、これが剣術のシンプルにして極意なのかもしれない。

 

 

 

また、子ども達には「武士たる者は、玄関を出るときは頭から先に出るな、足から出よ、不意に斬りつけられた場合、頭をやられれば致命傷だが、足ならば倒れながらも相手を下から突き上げて殺すことができる。」と説教するのを常としていた。

 

 

まるで、老いてなお、時代が変わってなお、ただ一人新撰組であり続けたようである

総長 山南 敬助

山南敬助



山南の生い立ちについては断定できるものはないが、仙台藩を脱藩して江戸に出たという説が最も有力視されている。

 

 

江戸では小野派一刀流の免許皆伝で、後に北辰一刀流の千葉周作の門人となり、また柔術の腕前も高いまさに武人であった。

 


 

こうした武の腕を高めようとする山南は、近藤勇の天然理心流に他流試合を挑むが、相対した近藤に敗れ、この時、近藤の剣の腕前や人柄に惹かれた山南は、これ以後、試衛館の門人と行動を共にするようになる。

 

 

そして、試衛館には後の新選組中心メンバーとなる土方歳三・沖田総司・永倉新八らが集っていた。
 

試衛館
 

 

1863年、将軍・徳川家茂が京都に行った際の警護の浪士が募集されると、山南は近藤についていく形で、土方歳三、沖田総司、井上源三郎、永倉新八、原田左之助、藤堂平助という試衛館の8人と共に京都へ赴く。

 

 

 

京都に辿り着いた浪士隊は、壬生浪士組から新撰組へと名を変え、徐々にその存在感を増していくが、隊内は近藤派と芹沢派による駆け引きが色濃くなっていた。

 


 

山南は、土方らと共に芹沢暗殺の実行者であったという説が有力視されている。


 

芹沢暗殺により新撰組が近藤勇主導の組織となると、山南の発言力と活躍も増していった。

 

 

 

インテリで剣の腕も確かな文武両道の山南であったが、剣豪揃いの新撰組においては、主に知性の方が重宝され、新撰組の頭脳として活躍する。

 

 

武骨な隊士達にとって山南の剣の腕はストレートな尊敬を集め、山南の豊富な知識は隊士達に大人としての知識欲を刺激し、山南は隊内での人気が非常に高かった。

 

 

また、山南は、心優しく温厚な性格から、壬生の女性や子供たちから慕われており、新撰組が過去のものとなった明治のはじめ頃まで、壬生界隈には「親切者は山南」という言葉が使われている。

 

 

この頃までの山南は新撰組で充実した日々を送っていたことであろう。

 

壬生村2

 

しかし、山南とは剣術の同門である北辰一刀流を学び、熱烈な尊王攘夷論者として高い学識を誇っていた伊東甲子太郎が新選組に入隊すると、新撰組は伊東に敬意を払う形で、山南より上位となる参謀という役職を新設した。

 

 

新撰組の頭脳として存在感を持っていた山南にとって、インテリ部門に自分よりも重宝される存在が現れたことにより、徐々に隊内での働き場所を失っていく。

 


 

日に日に孤独感を募らせていく山南は「江戸へ行く」と置き手紙を残して行方をくらませる。

 

 

隊規の局中法度で脱走は死罪と決まっており、近藤と土方は、隊の規律を示すためにも、すぐに沖田を追っ手として差し向けた。

 

 

 

近藤と土方が沖田一人だけを派遣するという不可解な指示を出した背景については、様々な憶測がされているが、山南と沖田が非常に仲が良かったため、沖田が山南を見逃し、その目撃者が誰もいないという状況を作りたかったのではないかと考えられている。

 


 

しかし、山南の本心は、居場所のなくなった新撰組を出たいということよりも、居場所を失い生き甲斐を失ったという事に寄っていた。

 

山南の脱走は、半ば死を覚悟しての運だめしのような部分があったのかもしれない。

 

 


 

沖田に追いつかれた山南は、そのまま新撰組屯所に戻る。

 

この時、山南と沖田がどんな言葉を交わし合ったのかは分からない。

 

しかし、沖田に追いつかれ、運だめしに敗れた時点で、山南は近藤と土方のメンツや、自分のような大幹部でも規則を破れば罰せられるという結果をもって、新撰組そのものの顔を立てる事を、決めたのであろう。

 


 

屯所に戻った山南は正式に切腹を命じられる。

 

 

永倉は再度の脱走を勧め、手はずを整えようとするが、覚悟を決めていた山南は応じなかった。

 

 


 

死を覚悟していた山南は馴染みにしていた遊女の明里を身受け(当時の遊女は人身売買で店に在籍しているため、その遊女が一生の間に稼ぐであろう金を店に払うことで妾などとして買い取るシステムがあった。)し、自由の身となって故郷に帰れるように計る。

 

 

文武両道、武士としての美徳を備え、人間として一つの完成系に達していた山南は、恋に対しても誠実であった。

 

山南敬助1
 

死にのぞむ山南の姿勢はかくも美しく、その姿に対して近藤は、自身が大好きな忠臣蔵を引き合いに「浅野内匠頭でも、こうは見事にあい果てまい」と賞賛する。

 

 

介錯は山南たっての希望により、最も仲が良かった沖田が務めた

「新撰組」が生きた幕末という時代


新撰組に限らず、幕末の志士達の話は、どうしてもこの時代の背景をザッとでも理解していないと、わけが分からなくなる部分がてんこ盛りである。


そこで、詳しい人からしたら、そんなレベルの話する?ってことも含め、詳しい人からしたら、そんな単純じゃなくない?って感じになりつつも、幅広く理解してもらえるように幕末を説明しようと思う。




まず、江戸時代の徳川将軍は日本の統治者として君臨していたが、形式的には天皇から将軍が政治権力を預かっている状態である。

つまり、天皇の権威によって、権力を将軍に貸しているということ。



次に、幕末に度々登場する「尊王攘夷」とは、天皇を尊び(尊王)、外国勢力を討つ(攘夷)という思想で、幕末期のあらゆる勢力が、基本的には尊王攘夷である。



さて、当時の世界は、欧米列強のアジア進出により、アジア人達は欧米人に牛馬のごとく扱われ、財産と労働力を好き放題に搾取されていた。

そんな欧米の進出に抵抗する気運が日本国内で高まっていく。


そのため、天皇の朝廷は、長年続けてきた鎖国体制を維持する考えであった。


一方、徳川幕府は黒船来航などにより外国の圧倒的な軍事力を目の当たりにしたので、朝廷の意に反して、開国路線を選択するようになる。


そこに付け込もうとするのが、薩摩藩(現在の鹿児島県)や長州藩(現在の山口県)といった徳川幕府に代わって権力を手にすることを狙う勢力であった。

弱腰外交の徳川幕府が天皇の意に反したと、尊王論を煽り、徳川幕府では政権運営能力不十分という声を高めていく。


しかし、薩摩も長州も薩英戦争や下関戦争などで外国との軍事力の差を認識すると、非現実的な攘夷論は消えていき、開国論に転じていった。



結果、もともと徳川幕府が「近代化を優先して、外国との交易によって富国強兵を目指し、欧米に対抗できる力をつけた後に攘夷を決行する。」という、鎖国維持を訴える天皇を説得するための方向性を、薩摩や長州といった倒幕派も採用するようになり、徳川も薩摩・長州も意見や主張は完全に一緒になる。




一方、もともと朝廷内は徳川支持が主流派であったが、倒幕派の下級公家の岩倉具視らの画策により、朝廷内から倒幕の声が急速に強くなっていく。


危機を感じた15代将軍・徳川慶喜は、1867年11月9日、朝廷から徳川幕府に貸し出されていた政治権力を明治天皇に返上し、徳川幕府が消滅する。

これを大政奉還という。


徳川慶喜が大政奉還に踏み切った理由は、武力倒幕を望んでやまない薩摩・長州から攻撃の口実を奪うためであった。

権力を返してしまえば、政権運営能力がないという口実は消滅する。


そうして薩摩・長州との武力衝突を避け、天皇の意志に任せ、合議のうえで改めて徳川主導の国家体制にすることを徳川慶喜はねらっていた。


徳川慶喜の思惑は順調に成功しつつあったが、1868年1月3日、倒幕派の下級公家の岩倉具視らは、徳川びいきの朝廷首脳を排除し、徳川慶喜の身分の剥奪と徳川家の領地全ての没収を決定させる。

これを王政復古の大号令という。

目的は、明治新政府が徳川主導になることを阻止し、さらに理不尽な措置で徳川勢力の反感を煽って戦争に持ち込み、旧幕府勢力を根絶やしにすることであった。




新政府の目論み通り、徳川慶喜は旧幕府勢力の声に押される形で武力衝突を表明する。


こうして「鳥羽・伏見の戦い」が勃発するが、旧幕府軍は敗れ、この敗北を機に、大勢は一気に新政府軍に傾いていく。




このようにして、国内を占めるイデオロギーは「尊王攘夷」一色でありながら、その旗手を徳川が務めるか薩摩・長州が務めるかで、国内が分裂し、さらにそれぞれが天皇の権威を求めたため、幕末の京都は複雑な政争が展開されていた。 


新撰組は、そんな京都で、反幕府勢力を取り締まるための武装組織である。


京都で活動する不逞浪士や倒幕派の捜索や捕縛、担当地域の警備、反乱の鎮圧などを主な任務とし、同時に、厳しい隊の規則に違反した者を次々に粛清するなど内部抗争も繰り返した。



幕末というのは、日本から武士らしい武士がいなくなったと言われて久しい時代である。

そんな時代に、武士らしくあることにこだわった新撰組は、流行り言葉と違う本当の意味でのラスト・サムライなのかもしれない。



明治以降の日本は、新撰組と敵対していた薩摩と長州の出身者が政治の実権を握ったため、当然のごとく新撰組の歴史は否定的に歪曲された。それに伴って史学的な研究も遅れる。


しかし、第二次世界大戦後は、映画やテレビドラマで新選組が主役に扱われることも多くなり、何度となく新選組ブームが起きるようになった。


新撰組は、いつまでも「誠」の旗のもとで、今も時代と戦っているのかもしれない。


そんな「新撰組」の隊士7人をピックアップし、それぞれの生涯を表現します
局長


「新撰組」最盛期のメンバー構成


局長         近藤勇

副長         土方歳三
総長         山南敬助

一番組組長  沖田総司
二番組組長  永倉新八
三番組組長  斎藤一
四番組組長  松原忠司
五番組組長  武田観柳斎
六番組組長  井上源三郎
七番組組長  谷三十郎
八番組組長  藤堂平助
九番組組長  鈴木三樹三郎
十番組組長  原田左之助

LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード
QRコード
QRコード
メッセージ

名前
メール
本文
  • ライブドアブログ