「劇団Camelot」は、世界の伝説や神話、様々な歴史などを、紹介する猫のキャラクターです。


詳しくはカテゴリー「劇団Camelotとは? (総合案内)」をご覧ください。

ボブ・サップ

ミルコ・クロコップ(Mirko Cro Cop)

MirkoCroCop
K-1 WORLD GP 2012
優勝

 

 

 

1974910 生まれ

 

出身地 ヴィンコヴツィ

国籍  クロアチア

 

身長  188cm

 

 

 

ミルコ・クロコップの知名度を大きく上げたのは、K-1 GRAND PRIX '99 開幕戦でのマイク・ベルナルドとの一戦であった。


当時、トップクラスの実力と抜群の人気を誇っていたマイク・ベルナルドを左ハイキック一閃1ラウンドKO勝利したことにより、大きなインパクトをファンに与えた。

 

この年のグランプリでは、マイク・ベルナルドを破った勢いそのままに準優勝を果たし一躍人気を集めるようになる。

 

 

その後もK-1で一定の活躍を見せるが、2003年から主戦場を総合格闘技に完全シフトする。

 

総合格闘技の試合でも、必殺の左ハイキックで多くの勝利を挙げ、寝技に偏重していた総合格闘技の技術体系に大きな風を吹かせた。

 

そして、PRIDE無差別級グランプリ2006で優勝するなどの結果も残した。

 

 

 

201112月にキックボクシング復帰を表明し、2013年にK-1 WORLD GP FINAL in ZAGREBで優勝を果たす。

このイベントはもともと
20121226日にニューヨークで開催予定であったが、2013315日にクロアチアのザグレブ開催に変更された。

 

また、このイベントは、K-1の興行体制の混乱から規模が大幅縮小し選手レベルも大きく下がったイベントとなり、2010年までのグランプリとはその質が大きく違う。

 

しかしながら、間違いなくK-1の看板が掲げられたグランプリであり、K-1でのグランプリ制覇を悲願としていたミルコ・クロコップはリング上で涙を流して優勝を喜んだ。

 


ミルコ・クロコップはK-1にとって、2年ぶりにして2016年現在までの最後のグランプリ王者となった。

 

総合格闘技でも通用した必殺の左ハイキックは、観る者に破壊力を超えた説得力を与え、抜群の実力以上の人気を誇っていた。

 



CatBoxer・Tシャツシルバーグレー
ClubT  Cat Boxer アーサー 「Camelot Sports」

(Tシャツ 税抜3500円,長袖Tシャツ,スマホケース各種,タオル数種 など)




CatBoxer・ジップパーカー(Back)

ClubT  Cat Boxer アーサー(BackPrint) 「Camelot Sports」

(ジップパーカー 税抜4300円,長袖Tシャツ,Tシャツ など)




レミー・ボンヤスキー (Remy Bonjasky)

RemyBonjasky
K-1 WORLD GP 2003
優勝

K-1 WORLD GP 2004 優勝

K-1 WORLD GP 2008 優勝

 

 

 

1976110 生まれ

 

出身地 スリナム共和国パラマリボ

国籍  オランダ

 

身長  192cm

 

 

 

ABNアムロ銀行勤務という異色の経歴と、滞空時間の長い派手な飛び蹴りで、早い段階から将来のチャンピオン候補として注目されていた。

 

 

セーム・シュルトとアーネスト・ホーストの4度に次ぎ、ピーター・アーツに並ぶ3度のグランプリ制覇を果たしている。

 


 

最初のグランプリ制覇となった2003年は、準々決勝でピーター・グラハムを、準決勝でシリル・アビディを、ハイキックや膝蹴りでダウンを奪い、共に1ラウンドで見栄え良く勝利する。続く決勝では、武蔵を判定で破り、優勝を果たした。

 

 

 

レミー・ボンヤスキーは、巧みな防御技術と高い身体能力からその実力を認められながらも、グランプリ制覇にはケチがついてきたのも特徴である。

 

初優勝した2003年のグランプリは、ジェロム・レ・バンナ、アーネスト・ホースト、マーク・ハント、ミルコ・クロコップ、ステファン・レコといったスター選手が軒並み欠場し、トーナメントのレベル自体が低かったと言われた。

 

2度目の優勝をした2004年のグランプリは、準々決勝、準決勝ともに際どい判定で勝ち上がり、決勝で相対した武蔵も同じように際どい判定で勝ち上がり、際どい判定で勝ち上がった者同士による見どころの少ない決勝戦(しかも前年と同じカード)であったため、盛り上がりに欠けるトーナメントとなった。

 

3度目の優勝を果たした2008年のグランプリは、決勝のバダ・ハリ戦が、バダ・ハリの犯した反則のダメージが深刻と判断され、反則勝ちで決着がついた。

 

 

このバダ・ハリ戦に限らず、レミー・ボンヤスキーは相手選手から反則を受けると、度々、大袈裟な演技でダメージをアピールするため、多くのアンチを生んでいる。

 

しかし、その実力がトップクラスであったことは疑いの余地がない。

 



CatBoxer・Tシャツシルバーグレー

ClubT  Cat Boxer アーサー 「Camelot Sports」

(Tシャツ 税抜3500円,長袖Tシャツ,スマホケース各種,タオル数種 など)




CatBoxer・ジップパーカー(Back)

ClubT  Cat Boxer アーサー(BackPrint) 「Camelot Sports」

(ジップパーカー 税抜4300円,長袖Tシャツ,Tシャツ など)




アーネスト・ホースト (Ernesto Hoost)

Ernesto Hoost
K-1 GRAND PRIX
97 優勝

K-1 GRAND PRIX 99 優勝

K-1 WORLD GP   2000 優勝

K-1 WORLD GP   2002 優勝

 

 

 

1965711 生まれ
 

出身地 旧オランダ領ギアナ(現在のスリナム共和国)

国籍  オランダ


身長  
190cm

 

 

 

準優勝となった1993年の記念すべき第一回K-1 GRAND PRIXでは、準決勝で優勝候補筆頭のモーリス・スミスを左ハイキックで衝撃的なKOにくだし、優勝したブランコ・シカティックに劣らないインパクトを残した。

それ以降、突出した技術の高さからミスター・パーフェクトと呼ばれ、ファンをうならせ続ける。

 


 

セーム・シュルトに並び最多となる4度のグランプリ制覇を果たしているが、特に4回目の優勝となる2002年は良くも悪くも意外性あふれる結果と過程であった。


 

なんと準々決勝でボブ・サップにKO負けするも、その試合でボブ・サップが拳の負傷をし、準決勝に負け上がりとなる。

 

続く準決勝では、試合開始ほどなく対戦相手のレイ・セフォーが放ったローキックをブロックすると、レイ・セフォーは足を骨折して倒れ込んだ。

 

そして、決勝でもジェロム・レ・バンナが左腕を骨折し、アーネスト・ホーストが優勝に輝いた。

 

 

 

流れるようなコンビネーション、ローキックを軸にした戦略、チャンス時のパンチの回転力、などのレベルが特に高く、洗練され極めて完成度の高い選手で、長期に渡り安定した結果を残した。


 

予選トーナメントなどを含め、K-1の主催したトーナメントで、最多となる7度の優勝を記録している。




CatBoxer・Tシャツシルバーグレー
ClubT  Cat Boxer アーサー 「Camelot Sports」

(Tシャツ 税抜3500円,長袖Tシャツ,スマホケース各種,タオル数種 など)




CatBoxer・ジップパーカー(Back)

ClubT  Cat Boxer アーサー(BackPrint) 「Camelot Sports」

(ジップパーカー 税抜4300円,長袖Tシャツ,Tシャツ など)




LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード
QRコード
QRコード
メッセージ

名前
メール
本文
  • ライブドアブログ