「劇団Camelot」は、世界の伝説や神話、様々な歴史などを、紹介する猫のキャラクターです。


詳しくはカテゴリー「劇団Camelotとは? (総合案内)」をご覧ください。

ベル・スター

ベル・スター(西部開拓史伝説の女賊)

ベル・スター700x1000


1848
25日、ベル・スター、本名はマイラ・ベル・シャーリーはミズーリ州カーセッジ近くの農園主の娘として生まれた(父親は判事だったという説もある)

 

ベルの家は裕福だったようで、上流階級が通う女学校で、正規のカリキュラムの他、音楽や古典語を学び優秀な成績を収めたという。


ミズリー州カーセッジ

しかし、南北戦争が始まると、一家は戦乱を避けてテキサスへ移住し、そこでベルは兄バドから乗馬や射撃を習った。

兄バドは南北戦争に従軍し、ジェシー・ジェイムズやコール・ヤンガーと共にクワントリル・ゲリラの一員として活動し、1864年、バドは北軍に急襲されて死亡する。

 

ベルは愛する兄を失った。


南北戦争
 

南北戦争後、ベルの一家はテキサス州ダラス南東の小村に移住して農場を経営し、そこへ逃げ込んできた元南軍兵士の無法者達を匿うようになる。

 

1866年、18歳のベルは、そうした無法者達の中の一人で強盗をしてミズーリから逃げてきたコール・ヤンガーと愛し合うようになり、二人の間には娘パールが生まれた。

 

ベルとコール・ヤンガーはダラスで2年間過ごすが、やがてコール・ヤンガーはジェシー・ジェイムズの呼び出しに応じてミズーリへ戻ってしまう。

 

コール・ヤンガー
   コール・ヤンガー
 

コール・ヤンガーに捨てられた格好となったベルは、すさんだ生活を送るようになり、馬泥棒のジム・リードと知り合い、一緒に暮らし始める。

 

悪の道へと足を踏み出したベルは、ジム・リードと強盗稼業の日々を送るようになり、1874年、指名手配を受けたジムはテキサス州パリスで保安官に射殺された。

 

 

1880年、32歳となったベルは、チェロキー・インディアンとの混血サム・スターと結婚し、以後、ベル・スターと名乗るようになる。

 
チェロキー族

サム・スターもまた強盗稼業を生業としていた男で、サム・スターとベルはギャング団を率いてオクラホマ一帯を荒らしまわった。



1883年、フォートスミスで二人は捕まり、「首吊り判事」として有名なアルトン・パーカー判事に裁かれることになったが、意外なことに一年の刑で済み、出獄後、二人はまたもや当然のごとく悪事を重ね、サム・スターは居留地の保安官と撃ち合って殺される。

 

パーカー判事
   アルトン・パーカー

サム・スターを殺されたベルは、ギャング団の一員ジム・ジュライと結婚するが、その3年後、官憲の追及が厳しいので自首しようとしたところ、仲間のエドガー・ワトソンに背後から撃たれて殺された。

 

 

 

ベルは決してズボンをはかず、上質のドレスを身に着けた貴婦人スタイルで馬に乗り暴れ回っていたので、その特異な姿と雰囲気から当時の新聞は「クイーン・オブ・ザ・バンデッド」などとセンセーショナルに書き立てた。

 

その「クイーン・オブ・ザ・バンデッド」のイメージが、多くの伝説に尾ヒレをつけて脚色され「ダラスの酒場で博打や飲酒に溺れて街中で馬を乗り回しながら拳銃を撃ちまくっていた」「男装して店に放火したり銀行を襲ったり、銃で脅してポーカーの掛け金を巻き上げていた」「頭領として馬賊を率いていた」といった当時の新聞や裁判記録などの公的な記録からは見当たらない話が広がる。


ベル・スター
 

しかし、ベルの40年の生涯を見ると、愛した男がいずれもならず者で、一途にその男に引っ張られるようにして悪事を重ね、ベル自身にはそこまでの凶悪性はなかった。

 

 

そんなベル・スターを取り上げた映画作品がある。

 

アーヴィング・カミングス監督「女傑ベル・スター」(1941年、出演ジーン・ティアニー)

女傑ベル・スター



シルバーグレー
ClubT  ジェシー・ジェイムズ 「劇団Camelot」 
(Tシャツ 税抜3200円,長袖Tシャツ,ジップパーカー など)



コール・ヤンガー(西部最強ギャング団の主要メンバーだった4兄弟の長男)

コール・ヤンガー 700x1000 YatsurnoWestern



コール・ヤンガーは、西部開拓史上に名高い「ジェイムズ=ヤンガー・ギャング団」の主要メンバーであるヤンガー兄弟(コール、ジム、ジョン、ボブ)の長男で、1844115日、ミズーリ州に生まれた。

 

 

18歳の時、後に女賊として有名になるベル・スターと結婚し一子をもうけるが、南北戦争の勃発で二人の結婚生活は短期間に終わる。


ベル・スター
   ベル・スター 

 

やがてコールは兄弟たちと共に、ウィリアム・クワントレルの南軍ゲリラに参加し、ミズーリ州やカンザス州を転戦して、殺人や盗みの腕を磨いていく。

 

そして、このゲリラ仲間にはジェイムズ兄弟(フランク、ジェシー)もいた。


ウイリアム・クアントレル
   ウィリアム・クワントレル 


南北戦争が終わるとヤンガー4兄弟とジェイムズ兄弟は、元ゲリラ隊の上司だったアーチー・クレメントの指揮下で北軍施設などを襲ううちに武装強盗団化していく。

 

そして、アーチー・クレメントが民兵隊に殺されたあと、ヤンガー兄弟とジェイムズ兄弟がこの武装強盗団で存在感を増していき、1868年頃には「ジェイムズ=ヤンガー・ギャング団」として活動するようになる。「ジェイムズ=ヤンガー・ギャング団」のメンバーはジェイムズ兄弟、ヤンガー4兄弟、クレル・ミラー、チャーリー・ピッツ、ジョン・ジャレット、ビル・チャドウエルなど10数名だった。


アーチー・クレメント
   アーチー・クレメント  
 

18716月、コールたちはアイオワ州マリドンの銀行を襲う。

銀行はピンカートン探偵社に連絡し、以来ピンカートン探偵社が「ジェイムズ=ヤンガー・ギャング団」を追跡するようになった。


ピンカートン探偵社

そして、18743月、ミズーリ州モーンゴースプリングスに近い田舎道で、ピンカートン探偵社の3人とヤンガー兄弟のジョンとジムが遭遇し、ジョンが射殺される。

ピンカートン探偵社側は一人が逃亡、残る二人は殺された。


ジョン・ヤンガー
   ジョン・ヤンガー

18767月、「ジェイムズ=ヤンガー・ギャング団」はミズーリ州オッタービル近くのロッキーカットでパシフィック鉄道を襲い、その2ヶ月後の97日、ノースフィールド第一国定銀行を襲撃する。


襲撃メンバーはジェイムズ兄弟、ヤンガー3兄弟、チャーリー・ピッツなど8人だったが、事件に気づいた地元住民の反撃に遭い二人が殺され、他のメンバーも全員が負傷した。

 

 

結局、「ジェイムズ=ヤンガー・ギャング団」はジェイムズ兄弟とヤンガー兄弟&チャーリー・ピッツの二手に分かれて逃走し、自警団は数百人で一味を追う。


ジェイムズ兄弟
   ジェイムズ兄弟

921日、ミネソタ州マディラでコール達は自警団と激しい銃撃戦を繰り広げたが、チャーリー・ピッツが殺されたうえにヤンガー兄弟も負傷し、コール達はついに降伏した。

 


 

ヤンガー3兄弟は終身刑を宣告され、末弟のボブは刑務所で結核のため36歳で死亡する。

ボブ・ヤンガー
   ボブ・ヤンガー

コールとジムは25年後の1901年に釈放されたが、ジムは翌年に拳銃自殺を遂げた。

ジム・ヤンガー
   ジム・ヤンガー

ヤンガー4兄弟で唯一の生き残ったコール・ヤンガーは、1903年に自叙伝を出版、さらに西部開拓時代随一の興行主バッファロー・ビルの主催する「ワイルド・ウェスト・ショウ」に参加して各地を巡業する。


 

コールは晩年、過去の罪を悔いてキリスト教に帰依し、1916321日、ミズーリ州の自宅にて72歳で永眠。

 

コール・ヤンガー

西部開拓史上に名高い「ジェイムズ=ヤンガー・ギャング団」の主力メンバーであったコール・ヤンガーは、その後、多くの映画作品で登場する。

 

 

ニコラス・レイ監督「無法の王者ジェシイ・ジェイムズ」(1957年、出演アラン・ヘイル・ジュニア)

 

フイリップ・カウフマン監督「ミネソタ強盗団」(1971年、出演クリフ・ロバートソン)

 

ウォルター・ヒル監督「ロング・ライダーズ」(1980年、出演デヴィッド・キャラダイン)

 

ロバート・ボリス監督「ワイルド・ガンズ」(1994年、出演ランディ・トラヴィス)

 

レス・メイフィールド監督「アメリカン・アウトロー」(2001年、出演スコット・カーン)

ミネソタ強盗団
 
などなど。




シルバーグレー

ClubT  ジェシー・ジェイムズ 「劇団Camelot」

(Tシャツ 税抜3200円,長袖Tシャツ,ジップパーカー など)




西部開拓時代というアメリカン・ドリームの原点



新大陸アメリカに、法や秩序よりも先に無限のチャンスを求めた多くの人々が移動した西部開拓時代は、人間の欲と本能がムキだしとなる厳しい生存競争が繰り広げられました。

一方で、現代からおよそ200年前という人間世界に近代的文明が芽生え始めた頃で、人類史的には比較的最近でもあるのです。

つまり、もしも、世界が突如、原始時代に逆戻りしたら?そんな世界観に可能な限り近づいた特殊な環境ともいえるのが西部開拓時代でした。


そんな興味の尽きない環境は、当然のごとく多くの魅力的な人物達を生みだしていきます。


西部史上最も名高い銃撃事件「OKコラルの決闘」をはじめ数々の戦いをくぐり抜け、晩年は実業家として成功したワイアット・アープ。

そのアープの親友で、若くして肺結核になり、西部劇の映画では吐血をハンカチで拭うシーンが定番となっている医学博士にしてギャンブラーのドク・ホリディ。

強盗のターゲットを強い者に限定し、犯罪者でありながら義賊として民衆の人気を得たジェシー・ジェイムズ。

殺した人間の多さ、その理由の軽さから、無法者のチャンピオンと呼ばれているジョン・ウエズリー・ハーディン。

そして、なんといっても西部史上最も凶悪なアウトローと呼ばれ、犯罪者でありながらその写真に6億円の値がついたビリー・ザ・キッド。

OKコラルの決闘

人間の光も影も全て抱き込んだ男達の物語、その魅力は後世の映画作品で「西部劇」という一ジャンルを築き上げ、富や地位にも代えがたいその魅力こそがアメリカン・ドリームの原点なのではないかと思います。


そんな西部開拓時代の有名人をピックアップし、それぞれの生涯を紹介します。



シルバーグレー
ClubT  ワイアット・アープ 「劇団Camelot」
(Tシャツ 税抜3200円,長袖Tシャツ,ジップパーカー など)



シルバーグレー
ClubT  ビリー・ザ・キッド 「劇団Camelot」
(Tシャツ 税抜3200円,長袖Tシャツ,ジップパーカー など)













読者登録
QRコード
QRコード
メッセージ

名前
メール
本文
  • ライブドアブログ