「劇団Camelot」は、世界の伝説や神話、様々な歴史などを、紹介する猫のキャラクターです。


詳しくはカテゴリー「劇団Camelotとは? (総合案内)」をご覧ください。

クレオパトラ

多キャラ箱(2017年1月2日~2017年1月8日)

(集計2017年1月2日~2017年1月8日)
(集計2017年1月2日~2017年1月8日)

オリジナルキャラクター登録サイト「多キャラ箱」週間ランキングにて「劇団Camelot」が6週連続7度目の1位



「多キャラ箱」での「 劇団Camelot」紹介ページはコチラ



応援よろしくお願いします♪




多キャラ箱(2016年12月26日~2017年1月1日)

(集計2016年12月26日~2017年1月1日)
(集計2016年12月26日~2017年1月1日)

オリジナルキャラクター登録サイト「多キャラ箱」週間ランキングにて「劇団Camelot」が5週連続6度目の1位



「多キャラ箱」での「 劇団Camelot」紹介ページはコチラ



劇団Camelot

「劇団Camelot」とは、世界の歴史や伝説の案内人となる猫のキャラクター達です。



「劇団Camelot」の団員別、案内を務めた歴史・伝説の人物一覧。


   アーサー
主人公格の役を務めることが多い団長的な存在。

・性格は、正義感が強く真面目で勇敢で一見欠点がなさそうだが、決断力が鈍く人を信用し過ぎる面がある。
アーサー王700x1000
「アレクサンドロス大王」      アレクサンドロス大王

「K-1 歴代グランプリ王者」   ピーター・アーツ

「新撰組」             近藤 勇

「アーサー王伝説」         アーサー王       

「項羽と劉邦」           劉邦

「47都道府県 歴史的偉人めぐり」 アテルイ
「47都道府県 歴史的偉人めぐり」 徳川 家康
「47都道府県 歴史的偉人めぐり」 北条 早雲
「47都道府県 歴史的偉人めぐり」 聖徳太子
「47都道府県 歴史的偉人めぐり」 吉田 松陰
「47都道府県 歴史的偉人めぐり」 坂本 龍馬
「47都道府県 歴史的偉人めぐり」 尚寧王



   ランスロット
NO.2格の役や主人公のライバル役を務めることが多い。

・性格は、勇敢で礼儀正しいクール系だが内に秘めた情熱が顔を出すことも。
土方歳三700x1000
「アレクサンドロス大王」      アンティゴノス

「K-1 歴代グランプリ王者」   アーネスト・ホースト

「新撰組」             土方 歳三

「アーサー王伝説」         ランスロット

「項羽と劉邦」           韓信

「47都道府県 歴史的偉人めぐり」 津軽 為信
「47都道府県 歴史的偉人めぐり」 新田 義貞
「47都道府県 歴史的偉人めぐり」 佐々 成政
「47都道府県 歴史的偉人めぐり」 豊臣 秀吉
「47都道府県 歴史的偉人めぐり」 尼子 経久
「47都道府県 歴史的偉人めぐり」 三好 長慶
「47都道府県 歴史的偉人めぐり」 大村 純忠



   ガウェイン
篤い信念がある役を務めることが多い。

・性格は、熱血系で感情的だが男気があり、約束は決して破らない。
シャクシャイン700x1000
「アレクサンドロス大王」      ペルディッカス

「K-1 歴代グランプリ王者」   アンディ・フグ

「新撰組」             永倉 新八

「アーサー王伝説」         ガウェイン

「項羽と劉邦」           蕭何

「47都道府県 歴史的偉人めぐり」 シャクシャイン
「47都道府県 歴史的偉人めぐり」 源 頼朝
「47都道府県 歴史的偉人めぐり」 朝倉 義景
「47都道府県 歴史的偉人めぐり」 大石内蔵助
「47都道府県 歴史的偉人めぐり」 毛利 元就
「47都道府県 歴史的偉人めぐり」 水野 忠邦



   ガラハッド
ハッピーエンドにならない実力者といった役を務めることが多い。

・性格は、真面目で優しく神秘性がある悟り系で、なんでも器用にこなす。
沖田総司700x1000
「アレクサンドロス大王」      プトレマイオス

「K-1 歴代グランプリ王者」     マーク・ハント

「新撰組」            沖田 総司

「アーサー王伝説」        ガラハッド

「項羽と劉邦」          張良

「47都道府県 歴史的偉人めぐり」 保科 正之
「47都道府県 歴史的偉人めぐり」 千葉 常胤
「47都道府県 歴史的偉人めぐり」 前田 利家
「47都道府県 歴史的偉人めぐり」 石田 三成
「47都道府県 歴史的偉人めぐり」 宮本 武蔵
「47都道府県 歴史的偉人めぐり」 大友 宗麟



   パーシヴァル
野性味のある役柄を務めることが多い。

・性格は、物事に積極的体育会系的な純真さと天真爛漫さを併せ持つ。
熊谷直実700x1000
「アレクサンドロス大王」     セレウコス

「K-1 歴代グランプリ王者」    レミー・ボンヤスキー

「新撰組」            山南 敬助

「アーサー王伝説」        パーシヴァル

「項羽と劉邦」          樊カイ(はんかい)

「47都道府県 歴史的偉人めぐり」 佐竹 義宣
「47都道府県 歴史的偉人めぐり」 熊谷 直実
「47都道府県 歴史的偉人めぐり」 木曾 義仲
「47都道府県 歴史的偉人めぐり」 藤堂 高虎
「47都道府県 歴史的偉人めぐり」 名和 長年
「47都道府県 歴史的偉人めぐり」 加藤 清正



   トリスタン
一匹狼的な役を務めることが多い。

・性格は、自信過剰な面があり、放浪者のような冒険心が高いが、寂しがり屋な面もある。
上杉鷹山700x1000
「アレクサンドロス大王」      ヘファイスティオン

「K-1 歴代グランプリ王者」   ミルコ・クロコップ

「新撰組」             斎藤 一

「アーサー王伝説」         トリスタン

「項羽と劉邦」           曹参

「47都道府県 歴史的偉人めぐり」 上杉 鷹山
「47都道府県 歴史的偉人めぐり」 宇都宮 公綱
「47都道府県 歴史的偉人めぐり」 上杉 謙信
「47都道府県 歴史的偉人めぐり」 徳川 吉宗
「47都道府県 歴史的偉人めぐり」 平賀 源内
「47都道府県 歴史的偉人めぐり」 黒田 官兵衛



   モルドレッド
ラスボス的な役を務めることが多い。

・性格は、疑い深く頭の回転が速く合理的だが、本当は承認願望が強い。
項羽700x1000
「アレクサンドロス大王」      アンティパトロス

「K-1 歴代グランプリ王者」     アリスター・オーフレイム

「新撰組」            芹沢 鴨

「アーサー王伝説」        モルドレッド

「項羽と劉邦」          項羽

「47都道府県 歴史的偉人めぐり」 伊達 正宗
「47都道府県 歴史的偉人めぐり」 平 将門
「47都道府県 歴史的偉人めぐり」 斎藤 道三
「47都道府県 歴史的偉人めぐり」 足利 尊氏
「47都道府県 歴史的偉人めぐり」 藤原 純友
「47都道府県 歴史的偉人めぐり」 伊東 義祐



     ユーサー
圧倒的な実力者といった役を務めることが多い。

・性格は、控えめながらも勇敢で、影の実力者といったタイプ。
武田信玄700x1000
「47都道府県 歴史的偉人めぐり」 武田 信玄
「47都道府県 歴史的偉人めぐり」 平 清盛

「K-1 歴代グランプリ王者」     ブランコ・シカティック



     ペリノア
強いカリスマ性を持った役を務めることが多い。

・性格は、豪胆でダイナミックな兄貴分タイプ。
織田信長700x1000

「47都道府県 歴史的偉人めぐり」 織田 信長
「47都道府県 歴史的偉人めぐり」 藤原 道長
「47都道府県 歴史的偉人めぐり」 西郷 隆盛

「K-1 歴代グランプリ王者」    セーム・シュルト



   グィネヴィア
ヒロイン役を務めることが多い、女性団員のエース格。

・性格は、ワガママな言動が目立つが、母親に逆らっては枕で涙する少女のような根の優しさがある。
グィネヴィア700x1000
「アレクサンドロス大王」     王妃スタテイラ2世

「絶世の美女シリーズ」     クレオパトラ7世

「アーサー王伝説」       王妃グィネヴィア



   ラグネル
天国と地獄、栄光と挫折など浮き沈みのある役柄が得意。

・性格は、気が強く芯があり融通の利かないところがあるが、本当は傷つきやすい。
ラグネル


「絶世の美女シリーズ」     デュ・バリー夫人

「アーサー王伝説」       ラグネル



   ディンドラン
可憐で潔い最期を迎える役柄が得意。

・性格は、愛情深く人に親切で物知りだが、控えめで目立たないタイプ。
703x999マリー・アントワネット
 「絶世の美女シリーズ」     マリー・アントワネット

 「アーサー王伝説」       ディンドラン



   モルゴース
少し冷酷さのある悪女的な役柄が得意。

・性格は、二面性が強く、なにを考えているのか分かりにくいところがあるタイプ。
703x999虞美人

「絶世の美女シリーズ」     マリア・テレジア

「アーサー王伝説」       モルゴース

「項羽と劉邦」         虞美人



   エレイン
運命に翻弄される困難な役柄が得意。

・性格は、悲観的でマイナス思考だが、自分の気持ちに正直で行動力がある。
楊貴妃700x1000
「絶世の美女シリーズ」     楊貴妃

「アーサー王伝説」       エレイン


 
   クンネヴァール
助演気質でいかにも脇役といった役柄が得意。

・性格は、気が弱く物静かで従属的だが、人を見極める力に優れている。
703x999ロクセラーナ
 「絶世の美女シリーズ」     ヒュッレム・ハセキ・スルタン

「アーサー王伝説」       クンネヴァール



   イゾルデ
母性があり意思の強い役や悲劇的な最期を迎える役が得意。

・性格は、行動力があり自己主張も意思も強く、包容力がある姉御肌。
ベアトリーチェ・チェンチ700x1000
「絶世の美女シリーズ」     ベアトリーチェ・チェンチ

「アーサー王伝説」       イゾルデ




       猫様
「劇団Camelot」の創造神。
猫様
昔々、貧乏な母子3人家族の家の近くで妊娠した野良猫が倒れていました。

母が野良猫を病院に連れていくと、緊急手術となり、手術代は20万円近くでした。

一家はとても貧乏で、度々、電気が止まったりする家庭だったので、経済的なダメージは大きいものでした。

しかし、母は「かわいそうじゃない。」と笑顔で言いました。
息子と娘は「母さんには、いつか猫の恩返しがあるね。」と笑顔で言いました。

しかし、どうやら猫は忘れっぽいようで、その後、母に分かりやすく良い出来事は起こりませんでした。
母は忘れっぽい猫が好きであり続けました。

忘れた頃に猫は神様となって、息子が好きな歴史や伝説の表現に手を貸すことになりました。



猫様Tシャツ
OhYeah!  猫様
MENS 5.0oz / WOMENS 5.6oz / KIDS 5.6oz Tシャツ [36色/15サイズ]
4,880円(税別)



猫様スマホケースA
ClubT  猫様
(Tシャツ 税抜3500円,長袖Tシャツ,ジップパーカー,スマホケース各種 など)



アーサー王TシャツP
アーサー王(モノクローム) 「劇団Camelot King's collection」
MENS 5.0oz / WOMENS 5.6oz / KIDS 5.6oz Tシャツ [36色/15サイズ]
8,800円(税別)



絶世の美女とは?


絶世の美女として後世に名を連ねる人物は少なくない。

そんな有史以来の人類に登場した絶世の美女の中から、どのような尺度を持って誰を選ぶか考えるのも面白いのではないかと思う。



そのうえで最も重要なことは、主観の問題を超越した存在であることである。

選ぶ以上、主観が1ミリも存在しないことはあり得ない
が、主観が100%であるならば、究極、自分の恋人や妻になってしまう可能性すらある。

それは全く人類史的ではない。
ハッキリとした美女としての知名度は最低限必要である。



その次に重要なのが歴史的な影響力があったことである。

極端な話、有名画家のモデルになった名もなき少女ってわけにはいかない。
絶世の美女というからには100年先にも名前が残っている必要がある。

さらに1000年経っても名前が残るには歴史的な影響のあった人物でないと100年後には忘れられている。



三つ目は、実際に美人であること。

絶世の美女であるからには、当然であるが、基本的に写真がない時代がほとんどである。
しかしながら、近い時代に残された絵画や彫刻はそれなりに信用が出来ると考えている。
そこいらの高校の美術部の生徒ですら人物画をソックリに描くことが出来る。

その時代の一流のアーティストが残した絵画や彫像が似ていないと考える方が無理がある。



三つ目に不随して、美人の基準は時代に左右されない。

時代に左右されると思い込まれているのが一般的であるが、そうではないと考えている。
もちろん現代ですら数年単位で起こるメイクのブームなどは常に存在しているであろうが、基本的な基準は変わっていない。

その根拠がヘレニズム文化である。
ギリシアの女神の彫像を見ると、現代の美人の基準と大きく違っているようには思えない。2000年以上前から、目が大きく、面長で、鼻が高い、そういう特徴は一緒である。

アレクサンドロス大王がギリシアの価値観を拡散して以降は、美人もグローバルスタンダードとなっている。日本ですら飛鳥文化(1400年くらい前)にはその影響が見られる。




こういった基準を持って、次回以降、7人の絶世の美女をピックアップしてみたいと思う。

そして、次回、一人目は文句なしに、クレオパトラ7世である。

クレオパトラ4

クレオパトラ7世は、人類史上屈指の偉人を魅了し、そんな女性は「美女」に決まっているという現実的な見解と、クレオパトラ7世の教養の高さをクローズアップして逆に容姿はそこそこであったというフェミニズムが絡んだ見解とが、常に存在してきた。


しかし、現実的に考えて、クレオパトラ7世の生涯から、容姿がそこそこであったと推測するのは無理がある。ハッキリと人類史上NO.1でないにしても、さらには当時の世界NO.1でもなかったにしても、その生涯を考えると最低でも誰が見ても美人という感じではあったはずである。


容姿はそこそこであったの根拠が、教養が高いのでモテたでは、乱暴すぎる話である。


容姿はそこそこであった説というのは、女性の価値は容姿ではないというフェミニズム的願望が生み出しているように思える。

その価値観には賛成であるが、その価値観のために、歴史を正確に推測することを否定したいとも思わない。



クレオパトラTシャツ
OhYeah!  クレオパトラ ( 劇団Camelot )
MENS 5.0oz / WOMENS 5.6oz / KIDS 5.6oz Tシャツ [36色/15サイズ]
3,800円(税別)



クレオパトラ・スマホケースA
ClubT  クレオパトラ ( 劇団Camelot )
(Tシャツ 税抜3000円,長袖Tシャツ,ジップパーカー,スマホケース各種 など)



   

プトレマイオス1世 (絶世の美女クレオパトラ7世につながる系譜)

703x999プトレマイオス


プトレマイオスはマケドニア王国の貴族ラゴスの子で、早い段階から側近騎兵隊将校として、ラオメドン、ネアルコらと共にアレクサンドロス3世からの厚遇を受けていた。


東方遠征では将軍として重要なポジションを任され続ける。


紀元前330年以降は側近護衛官となっており、アレクサンドロス3世の親友ヘファイスティオンや豪傑ペルディッカスと共に王からの信頼が特に厚い重臣であった。




紀元前323年にアレクサンドロス3世がバビロン(現 イラク・バグダッド)で死去すると、有力諸将の会議の結果、プトレマイオスは肥沃な土地エジプトの太守となる。


この時点での帝国のトップであるペルディッカスが、アンティパトロスの娘ニカイアとの婚約を破棄すると、ペルディッカス派とアンティパトロス派に分裂する。


プトレマイオスはアンティゴノスらと共にアンティパトロスに味方した。

アレクサンドリア

そうした折に、ペルディッカスがバビロンからマケドニア本国へ移送中だったアレクサンドロス大王の遺体をプトレマイオスは奪い、そのままエジプトのアレクサンドリアに埋葬する(ただ、現在にいたるまで遺体は発見されていない)。


アレクサンドロス大王の遺体を埋葬するという行為は後継者をアピールする行為であり、さらにエジプトはかつてアレクサンドロス大王が王(ファラオ)として民衆に受け入れられた意義深い土地である。

プトレマイオスに後継者としての強い野心がハッキリとあることが伺われる行動であった。



しかし、紀元前321年、プトレマイオスを討伐しに来たはずのペルディッカスが、ナイル川の渡河に失敗すると部下のセレウコスらに暗殺された。

プトレマイオスにとって最大のピンチになりかけていた事態が幸運にも回避される。




ペルディッカスの死により、プトレマイオスが支持したアンティパトロスが帝国のトップになるが、紀元前319年、老齢であったアンティパトロスが死去すると、アンティゴノスが破竹の勢いで勢力を拡大していった。


圧倒的な勢力となったアンティゴノスは、帝国の完全掌握を目指し、バビロンを治めるセレウコス討伐に力を注ぎ始めた。

サラミスの海戦

プトレマイオスは、アンティゴノスの意識がセレウコスのシリア方面に向いている隙に、エジプトから地中海を経てギリシア世界に勢力を伸ばそうとする。

しかし、紀元前306年「サラミス海戦」でアンティゴノスの息子デメトリオスが、プトレマイオスの艦隊を大敗させ、それを阻止する。




アンティゴノスがアンティゴノス朝を開き王となると、プトレマイオスとセレウコスもそれに対抗して王朝を開いた。


アレクサンドロス大王の遺体が埋葬されており、肥沃な大地が広がるエジプトを背景に、プトレマイオスも後継者としての野心を隠さなかった。

プトレマイオス1

さらに、プトレマイオス、セレウコス、カッサンドロス、リュシマコスは、アレクサンドロス帝国の統一を強攻に進めようとする最大勢力アンティゴノスに対抗するために同盟を組んだ。


紀元前301年に「イプソスの戦い」でセレウコス・リュシマコスの連合軍はアンティゴノスに勝利して戦死させる。


セレウコスは、旧ペルシア支配地域の多くを領土にし、ハッキリと最大勢力となると、ここまでずっと共闘関係にあったプトレマイオスとの対立が色濃くなる。


紀元前282年、セレウコスは「コルぺディオンの戦い」でプトレマイオスに味方するリュシマコスを敗死させ、さらに故国マケドニアを勢力下におさめようと遠征する。


しかし、この遠征にプトレマイオスの息子ケラウノスが同行していた。

息子ケラウノスは、プトレマイオスからエジプトを追放され、さらにプトレマイオスがエジプトの王位をケラウノスの弟に継がせる意思をハッキリさせていたため、ケラウノスは自力でマケドニア王になる野心を抱き、遠征道中にセレウコスを暗殺した。




紀元前288年、プトレマイオス朝エジプトは、プトレマイオスの後妻ベレニケ1世が産んだ息子プトレマイオス2世が後継者となると、その後300年近い繁栄を築く。
 
アレクサンドリア

そして、このプトレマイオス朝の最期の女王となるのが、絶世の美女として知られるあのクレオパトラ7世である。
LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード
QRコード
QRコード
メッセージ

名前
メール
本文
  • ライブドアブログ