「劇団Camelot」は、世界の伝説や神話、様々な歴史などを、紹介する猫のキャラクターです。


詳しくはカテゴリー「劇団Camelotとは? (総合案内)」をご覧ください。

イギリス王室

トリスタン (Tristan)

トリスタン700x1000 OldEnglish



激しい嵐の夜、キャメロット城に立派な竪琴を持った一人の騎士が現れる。

 

騎士はとても疲弊しており、アーサー王に食べ物と宿を求めた。

 

騎士はお礼に竪琴を奏で物語を歌いだした。

 

 

それは、キャメロット城にもその武勇の噂が届くトリスタンを題材にした物語ということもあって、アーサー王も「円卓の騎士」も姫君達も大きな興味を示して物語に耳を傾けた。

 

 

 


 

トリスタンは、リオネスのメリオダス王と王妃ブランシュフルールの間に生まれるが、メリオダス王はブランシュフルールを捨て別の女性を求めた。

 

悲しみにくれるブランシュフルールは我が子を「悲しみの子」という意味の「トリスタン」と呼ぶようになった。

 

 

成長したトリスタンは自分を騎士として取りたててくれる主君を求めて旅に出るが、トリスタンの類まれな才覚と美しい容姿は、逆に妬みを買い、定住の地を見つけることが出来なかった。

 

 

そんなトリスタンをコーンウォールのマルク王は寵愛し、トリスタンはそれを大変に恩に感じ、マルク王に仕えるようになった。

 

 トリスタン&マルク王


かつて続いていたコーンウォールとアイルランドとの戦いは、コーンウォールがアイルランドへ毎年一定の貢物をすることで和睦がなされた。

 

 

コーンウォールはその貢物を送っていなかったが、アイルランドは長いこと黙認していた。

 

 

ところが、アイルランドにマーハウスという騎士が現れると、そのあまりの強さからマーハウスは政治的な発言力を増した。

 

 

マーハウスはコーンウォールにこれまで滞納した貢物の代わりとして、コーンウォールの子ども3人に一人を奴隷として差し出さなければ、戦争になると脅してきた。

 

そして、全てを拒否するならば、コーンウォールの騎士が自分と一騎討ちをして勝ってみろと言うのであった。

 

 

トリスタンは、マルク王に自分がマーハウスに挑戦をすると名乗り出て、決闘の場に赴く。

 

対決はトリスタンが圧勝し、マーハウスは瀕死の状態でアイルランドに戻ると間もなく息絶えた。

 

トリスタンとマーハウス
 

マルク王は未婚で子がなかった。

 

そのため、マルク王は寵愛するトリスタンに王位を継がせようとしているのではないかという噂が立つようになる。

 

ゆえに、マルク王の縁者はトリスタンを疎ましく感じるようになっていった。

 

 

トリスタンが、そのような雰囲気をヒシヒシと感じている時であった。

 

 

マルク王の頭上を飛んでいた燕から一本の女性の髪の毛が落ちてきた。

 

その髪の毛は金髪ではあるが、影の中では青みを帯びて、日の光にさらすと炎のように輝き、この世に二つとない魅惑の色彩を放っていた。

 

マルク王はその髪の毛に想いを寄せるようになり、この髪の毛の持ち主を妻にしたいものだと言い始めた。

 

 

トリスタンは、恩義あるマルク王の想いに報いりたいこと、マルク王の縁者からのあらぬ噂を払拭したいことから、自らがその髪の毛の持ち主を探し出してコーンウォールに連れて帰ると言った。

 

 

こうしてトリスタンは様々な武勇を見せながら各地を転々とした。


トリスタン2

アイルランドの地は狂暴なドラゴンの猛威に悩んでいた。

 

そこでアイルランドのアグウィサンス王は、ドラゴンを退治した者には身分を問わず娘イゾルデを与えると布告していた。

 

 

トリスタンは、ドラゴンを倒せば、かつてマーハウスを殺したことをアイルランドに赦してもらえると考え、ドラゴンの退治に成功するが、力尽きてその場で昏倒する。

 

 

イゾルデは侍女らと倒れているトリスタンを発見して城に連れて帰る。

 

介抱する中でイゾルデはトリスタンが、かつて叔父マーハウスを殺した騎士であることに気付くが、トリスタンを赦すことにした。

 

 

回復したトリスタンは、この金髪のイゾルデこそが、主君マルク王が探しもとめている女性だと気がついた。

一方で、トリスタンは一目見た瞬間に体中が彼女を欲しているのを感じた。

 

 

そして、トリスタンはドラゴンを倒したということでアグウィサンス王と会う。

 

トリスタンは主君マルク王が金髪のイゾルデを求めていること、そして、コーンウォールとアイルランドの友好のために金髪のイゾルデがマルク王妃となることを求めた。

 
 

アグウィサンス王は、娘はドラゴンを退治した者に嫁がせるつもりであったが、退治した者の主君に嫁がせることは道理に反していないこと、そして、トリスタンの言うアイルランドとコーンウォールの友好のキッカケにも納得し、金髪のイゾルデをマルク王に嫁がせることを決めた。

 

トリスタンとイゾルデ

トリスタンが金髪のイゾルデをコーンウォールに連れて帰る道中、二人は夢のような時間を過ごした。

 

お互いに惹かれあっていることは間違いなかった。

 

二人は想う相手に想われている喜びを存分に味わうのであった。

 

 

 

マルク王は金髪のイゾルデを目にすると大いに気に入り、トリスタンはその様子にただただ胸を痛めた。

 

 

金髪のイゾルデがマルク王に嫁いでから、トリスタンは常に忠義と恋愛に葛藤して苦しむことになった。マルク王を養父として尊敬していたが、金髪のイゾルデへの想いを断ち切ることは出来なかった。

 

 

そして、それは、金髪のイゾルデも同じであった。

優しいマルク王はトリスタンと出会わなければ間違いなく惹かれたであろう人物だったが、トリスタンへの想いを断ち切ることなど不可能であった。

 

 

トリスタンと金髪のイゾルデは、やがて密かに逢瀬を重ねるようになるが、やがてその間柄は露見してしまう。

 

見つかるトリスタンとイゾルデ
 

マルク王は、一度は二人に死刑を宣告するが、金髪のイゾルデを愛していたこと、トリスタンを寵愛していたことから、トリスタンの国外追放処分で事は治まった。

 

 

 

トリスタンがコーンウォールを去る時、金髪のイゾルデは

 

「二人がこの世界のどこにいようとも、私の夫は未来永劫あなたです。」

 

そう言って、金の指輪を渡すのであった。

 

 

そうして、トリスタン各地を転々と流浪することになった。

 
 

 トリスタン1


「トリスタン、物語は終わりですか?」王妃グィネヴィアは言った。

 

金色の指輪を光らす指は、竪琴を奏でるのを止めていた。

 

 

この嵐の夜から、トリスタンは「円卓の騎士」に加わることになり、多くの活躍をした。

 

 

 

 

トリスタンがブルターニュに流れ着いた時、その地のホエル王と息子のカルヘルディンは、ヨヴェリン公爵なる人物から激しい攻撃を受けていた。

 

 

ホエル王の娘であり、カルヘルディンの妹である王女は、この世の者とは思えないほど透き通るような白い肌の持ち主で、白い手のイゾルデと呼ばれていた。

 

 

ヨヴェリン公爵は、その白い手のイゾルデを力ずくで奪い取ろうとしていたのであった。

 

 

トリスタンはホエル王に加勢し、見事にヨヴェリン公爵の軍団を追い返してみせた。

 

 

ホエル王は感謝の気持ちを込めて、娘である白い手のイゾルデをもらってくれないかと、トリスタンに申し出た。

 

 

トリスタンは白い手のイゾルデがあまりに美しいため、断って恥をかかせるのは忍びない思いがした。

 

また、トリスタン自身が幸福に飢えてもいた。

 

誰かの体温を感じ、誰かの鼓動を聴いて、自分が生きていることをトリスタンは確認したかった。

 

白い手のイゾルデ2
  
白い手のイゾルデ
 

トリスタンは妻を裏切らない立派な夫であった。

ただし、妻に愛されたほどに、妻を愛することは、どうしても出来なかった。

 

 

それから、再びブルターニュは戦禍に巻き込まれ、トリスタンは瀕死の重傷を負うことになった。

 

 

トリスタンは日に日に衰弱していき、もはや自分の命が長くないことを悟ると、最後に金髪のイゾルデを一目見たいと切に願った。

 


 

トリスタンは、使者に金髪のイゾルデにもらった指輪を持たせてコーンウォールに行くように命じた。

そして、帰りの船に金髪のイゾルデが乗っているのであれば船に白い帆を、船に金髪のイゾルデが乗っていなければ黒い帆を掲げてくれと頼んだ。

 


 

そうして、トリスタンが今まさに虫の息となり、白い手のイゾルデがトリスタンの手を握りしめていたその時、コーンウォールからの船が向かって来ているという知らせが入る。

 

 

トリスタンは白い手のイゾルデに船の帆の色をたずねた。

 

白い手のイゾルデ
 

白い手のイゾルデは、船の帆が白いことを確認すると

 

「船には黒い帆が掲げられています。」

 

と答えるのであった。

 

 

金髪のイゾルデを一目見たい、その想いで気力を振り絞っていたトリスタンは、その言葉を聞くと、静かに息を引き取った。

 

 

数時間後、事切れたトリスタンのもとに到着した金髪のイゾルデは、トリスタンの亡骸に覆いかぶさると、悲しみのあまり離れようとせず、いつの間にか彼女も息を引き取っていた。


トリスタンの最後
 

事の顛末を伝え聞いたマルク王は、悲しみの言葉も許しの言葉も一言も述べず、トリスタンと金髪のイゾルデの遺体をコーンウォールに運び、二人を同じ墓に埋葬した。

 

 

 

墓は、トリスタンの眠っている側からハシバミが生え、金髪のイゾルデの眠っている側からスイカズラが生え、共にお互いの方に枝を伸ばし、二度と離れまいと、枝は複雑に絡まりあっていた。



ライトパープル

ClubT  Sirトリスタン 「劇団Camelot」 

(Tシャツ 税抜3200円,長袖Tシャツ,スマホケース各種 など)





ジップパーカーBack

ClubT  Sirトリスタン 「劇団Camelot」 (BackPrint )

(Tシャツ 税抜3200円,長袖Tシャツ,ジップパーカー など)




ガウェイン (Gawain)

ガウェイン700x1000 OldEnglish



ガウェインの父はオークニーのロット王、母はアーサー王の異父姉モルゴースである。

 

 

アーサー王はかつて父と戦った相手ではあるが、王の子であるガウェインは、戦争の敵味方というのはその時々の利害関係が影響することを重々に承知であった。

 

 

それよりも、一人前の騎士として徳の高い王に仕えたいという純粋な気持ちから、ブリテンを統一したアーサーのもとに馳せ参じた。

 

 

また、ガウェインには朝から正午までは力が3倍になるという不思議な特性があった。


ガウェイン

全身を神々しい緑色の衣装に身を包み、その姿は巨体というより巨人ような騎士が、遠い田舎から「円卓の騎士」の武勇を耳にしてキャメロット城を訪れた。

 

その緑の騎士は噂に名高い「円卓の騎士」がどんなものなのか知りたいと挑発してきた。

 

 

そうして、緑の騎士は、手にしていた大きな戦斧を自分の首に振りおろし、一年と一日後に今度は自分に同じことをさせると誓える挑戦者を求めた。

 

 

誰も名乗り出ないので、緑の騎士が高笑いと共に侮辱的な言葉を「円卓の騎士」にあびせるので、アーサー王が挑戦しようとすると、それを制するようにガウェインが名乗り出た。

 

こうして、ガウェインが戦斧を緑の騎士の首に振ると、緑の騎士の頭は胴体から離れる。

 

 

ところが、胴体は離れた頭を拾い上げると「一年と一日後に待っている。」と言い残して去って行く。

 

 

それからの一年近く、ガウェインは死刑執行を待つ心持ちで苦しい苦しい時間を過ごすことになる。

 

ガウェインと緑の騎士
  
緑の騎士
 

約束の日の3日前から、ガウェインは約束の場所まで2時間ほどの距離にある館で過ごす。

 

親切な館の主人は3日間、ガウェインのために狩りに出た。

 

一方、館の主人が狩りに出ると、王妃グィネヴィアよりも美しい館の奥方がガウェインを誘惑する。

ガウェインは「親切なご主人を裏切れない。」と奥方のプライドを傷つけないように、礼儀正しく丁寧に断った。

そんなことが3日間繰り返された。

 

 

そうして、約束の日にガウェインが緑の騎士に会いに行くと、緑の騎士はガウェインの首に戦斧を振り落とす。

 

戦斧はガウェインの首をはずして頬をかすめた。

 

 

ガウェインが頭を上げると、緑の騎士は館の主人に姿を変え「誘惑と恐怖に打ち勝った君を赦そう。」と言うのであった。

 

ガウェインの約束
 

アーサー王が世にも醜い貴婦人に助けられた時に「どんなものでも与える。」と約束すると、世にも醜い貴婦人は「円卓の騎士」から夫が欲しいと答えた。

 

 

困り果てたアーサー王が、その事情を「円卓の騎士」に話すと、ひとまず皆でその世にも醜い貴婦人に挨拶に行くことにした。

 

 

 

世にも醜い貴婦人は、片目が潰れ、歯は何本も欠けており、ヒゲが生え、縮れた白髪が不格好に伸び、さらに悪臭も放ち、名をラグネルといった。

 

 

「円卓の騎士」は皆、アーサー王に対する高い忠誠心を持っていたが、ラグネルのあまりに醜い容姿に皆、尻込みをした。

 

 

誰もがバツ悪く視線を泳がせる中で、ガウェインだけはジッとラグネルを見据えていた。

 

ガウェインはラグネルの瞳に潜む哀愁と気高さを感じ、深い同情と計り知れない尊敬を抱くのであった。

そして、ガウェインは名乗り出た。

 

「ラグネルよ。私の妻になって下さるか?」

 

世にも醜い貴婦人

そうして、数日後に結婚式が予定され、一同はラグネルを連れてキャメロット城に引き返した。

 

あのガウェインの妻となる女の醜さに城内は大きくザワついた。

ガウェインに憧れる婦女子達からは悲鳴すらもれていた。

 

 

 

結婚式の前日の夜、ガウェインとラグネルが二人きりになると、ラグネルの姿は若く光り輝くほどに美しくなっていた。

 

ラグネルは

「これが私の本当の姿です。私はあの世にも醜い姿で愛してくれる男性が現れると、昼と夜のどちらかだけ元の姿でいられるのです。選んで下さい。」と言った。

 

ガウェインは

「では、昼だ。愛する妻が城内で見下されるのは面白くない。私はオマエを愛しているから夜は醜くても構わない。」と返事した。

 

 

それに対してラグネルは「あなたは私に愛する夫の前で醜くいろと言うのですか?」と返した。

 

ガウェインは「では、オマエが好きな方が私の答えだ。」と言った。

 

 

するとラグネルは

「それでは昼と夜の両方に致します。私の呪いは愛してくれる男性が現れると昼と夜のどちらか、そして、その男性が騎士らしく私の名誉を守ってくれたら昼も夜も両方、元の姿に戻れるというものでした。」と答えた。

 

こうして、ラグネルは完全に元の姿に戻るのであった。

 

ラグネル
 

しかし、愛する妻を得て前途洋々に思えたガウェインも、王妃グィネヴィアとランスロットの不倫によるキャメロット城の混乱に巻き込まれていくのであった。

 

 

キャメロット城にアーサーの息子モルドレッドが現れると、ランスロットと王妃グィネヴィアの不倫関係は白日の下にさらされていった。

 

モルドレッドの計画で不倫関係の現場をおさえると、ランスロットは逃亡に成功するが、グィネヴィアは捕えられた。

 

 

この時に、ランスロットの抵抗にあい、12人の騎士が命を落とした。


その中には、ガウェインの息子ロヴェル、フローレンス、ガングラン、さらにガウェインの弟アグラヴェインが含まれていた。

 

 
 

法に従いグィネヴィアには死刑が宣告され、ガウェインの弟であるガヘリスとガレスは処刑台の警備に着くことになった。

 

グィネヴィアを処刑から救出に現れたランスロットに、今度はガウェインの弟ガヘリス、ガレスが殺される。

 

ガウェイン4

ガウェインにとってランスロットは親友であったが、肉親達を討たれた怒りは凄まじいものとなった。

 

 

アーサーはすぐにランスロット討伐に乗り出すが、多くの尊敬を集めるランスロットに味方する者も多く、アーサー軍とランスロット軍の戦いは激しいものとなる。

 

ガウェインははやる気持ちを抑えきれず、ランスロットに一騎討ちを要求した。

 

 

ガウェインとランスロットの実力はややランスロットが上ともいわれていたが、弟を殺された怒りを持つガウェインの勢いはその僅かな差を埋めるものであった。

 

「円卓の騎士」を代表する二人の戦いは、ふいに近寄れば巻き込まれて命を失いかねない凄まじいものとなる。

 

 

 

ガウェインは朝から正午までは力が3倍になるという不思議な特性があったが、ランスロットはそれを逆手にとり、ガウェインの力が強い時は防御にまわって体力を消耗させ、力の強くない時間に攻撃に転じた。

 


こうして、ガウェインはランスロットに敗れ、親友の手によってその生涯を終える。



王妃グィネヴィア (Guinevere)

王妃グィネヴィア700x1000 akaFrivolity



レオデグランス王の娘として生まれ、アーサー王のもとに嫁いだ王妃グィネヴィアが、初めて「騎士のなかの騎士」ランスロットを目にした時、キャメロット城の運命が決定した。

 
 

それは、これまでの生涯で経験した雷に打たれたような子宮に響く恋心ではなく、魅惑の異空間に吸い込まれるような感覚だった。


 

グィネヴィアとランスロットはすぐに不倫関係となり、人目を忍んで度々密会するようになっていった。
 

グィネヴィア1
 
 

しかし、王妃としての表の顔と、恋に落ちた女という裏の顔、その帳尻が保てていたのは、キャメロット城にアーサー王の息子モルドレッドが現れるまでの話であった。

 

 

頭の回転が速く、勘が鋭く、どこか気味の悪い夫の息子は、すぐにグィネヴィアとランスロットの不倫関係に気付き、アーサー王に圧力をかけるだけではなく、グィネヴィアにも意味深でイヤミで意地の悪い冗談を投げかけてきた。


 

グィネヴィアがもしもランスロットとの不倫関係から手を引くのであれば、きっと、この頃が最後のチャンスであっただろう。
 

密会突入
 

ついにグィネヴィアとランスロットは、モルドレッドに不倫関係のまさにその現場をおさえられてしまう。


ランスロットは命からがら現場を脱出するが、グィネヴィアはモルドレッドに捕えられてしまうのであった。

 


 

アーサー王は法に定められている通り、妻グィネヴィアに死刑宣告をした。


グィネヴィアもアーサーが自分を殺したくないことを重々に理解していた。


誤魔化しの利かない状況で、王であるアーサーが法をないがしろに出来ないことを痛いほど分かっていた。

 

 

処刑の日、グィネヴィアの心は落ち着いていた。


それは、死を覚悟していたからではなかった。


ランスロットが現れることをグィネヴィアは疑っていなかった。

 
 

城門を突破してきたランスロットは、グィネヴィアを抱え上げると、超人的な馬術で城の包囲網をくぐり抜けるのであった。

 

ランスロットのグィネヴィア救出
 

しかし、アーサーはすぐにランスロット討伐に乗り出す。



多く尊敬を集めるランスロットにつく騎士も多かったため、アーサー軍とランスロット軍の戦いは激しいものとなり、そして、長引いた。




ランスロットを助けたいグィネヴィア、ランスロットの抵抗に苦しむアーサー、心身の消耗の激しいランスロット、なにより3人とも自分達の三角関係が原因で多くの犠牲が出ていることが忍びなかった。


 


それぞれの思惑と良心の呵責の結果、グィネヴィアの死刑を取り消すことを条件に彼女をキャメロット城に返還し、戦いに終止符を打つことになった。


 Queen_Guinevere (2)

グィネヴィアが先にキャメロット城に到着すると、留守を任されていたモルドレッドは強引にグィネヴィアを自分の妻にし、自らが新たな王であると宣言した。


 

モルドレッドとアーサーが「カムランの戦い」の結果、共に命を落とすと、主君を失ったキャメロット城は、ついに滅亡するのであった。

 

 

全てを失ったグィネヴィアは、残りの長い人生を修道院で過ごすことを決意する。


 

時しばらくして、キャメロット城の滅亡を知ったランスロットが、グィネヴィアのいる修道院に現れ、ランスロットが再びグィネヴィアを求めると、グィネヴィアは身を引き

「いいえ。もう二度と…。」

と答えるのであった。

 


 

その後、グィネヴィアは終生、修道院で自分の恋が招いた戦いで失われた多くの命に対して祈り続けた。



グレイ

ClubT  王妃グィネヴィア 「劇団Camelot」 

(レディースTシャツ 税抜3300円,Tシャツ,長袖Tシャツ,スマホケース各種 など)




シャーベットピンク

ClubT  王妃グィネヴィア 「劇団Camelot」(BackPrint )  

(レディースTシャツ 税抜3300円,Tシャツ,長袖Tシャツ,スマホケース各種 など)




アーサー王 (King Arthur)

アーサー王700x1000 OlrEnglish



「これを引き抜いた者は王となるだろう」

 

そう刻まれた岩に突き刺さった剣カルブルヌスを引き抜こうと数多の力自慢が挑むが、誰一人として成功しなかった。

 

 

ところがアーサー少年が試してみると剣はスルリと抜けるのであった。

 

 

そのままアーサーは、ブリテン島の王となり、キャメロット城を拠点に、破竹の勢いで領土を拡大した。
 

カリブルヌス

しかし、11人の王が同盟を結んでアーサーに反旗をひるがえした。

 

そして、11人の王の中の一人ロット王の妻モルゴースが、スパイとしてキャメロット城に現れた。モルゴースとアーサーの異父姉弟であったが、アーサーはそのことを知らなかった。

 

 

モルゴースの美しさに惹かれたアーサーは姉とは知らずに一夜をともにしてしまう。

これがもとで、後にキャメロット城を滅ぼすモルドレッドが誕生することになる。

 


 

11人の王との戦いに苦闘するアーサーに一つの知らせが入る。


それは、ペリノア王が街道わきにテントを張って、通行するものに片っ端から一騎討ちを強要して、人々を困らせているというものだった。

 

アーサーはペノリア王と戦いに行くが、王の証である剣カリブルヌスを折られて完敗する。

 

 

魔術師マーリンはアーサーをアヴァロンに連れていき、そこでアーサーは湖の乙女ヴィヴィアンから、鉄をまるで木材かのように切り裂くといわれる聖剣エクスカリバーを授かった。

 

エクスカリバー
 

さて、11人の王との戦いのみならず、アーサーの勢いに警戒する者、まだ20歳に満たないアーサー王の政治的な若さにつけいろうとする者、そうやって国境を侵してくる敵は絶えなかった。

 

 

特にロット王は困難な敵で、なかなか勝ち切ることが出来ないでいた。

 

 

そこへ、一騎討ちを通じてアーサーを粋に感じていたペノリア王が応援に駆け付ける。

 

 

勇猛なペノリア王はロット王を戦死させ、アーサーに勝利をもたらした。

 

一方で、ペノリア王(パーシヴァル達の父)がロット王(ガウェイン達の父)を殺した事は、後々キャメロット城の小さな軋轢の種となる。

 

 

グィネヴィア1
  
グィネヴィア

以前、周辺地域と戦うアーサーは、味方であったレオデグランス王の城で、王女グィネヴィアと出会っていた。

 

アーサーはグィネヴィアの美しい目が忘れられず、グィネヴィアはアーサーの寂しげな表情が忘れられなかった。

 

以来、アーサーは片時もグィネヴィアのことが忘れられずにいた。

 

 

そのため、魔術師マーリンに大きく反対されながらもアーサーはグィネヴィアと結婚することを決める。

 

 

こうして、アーサーはブリテンの民全ての主君であり、王妃となったグィネヴィアはキャメロット城の騎士全ての母となった。

 

しかし、大王と王妃を前提にした結婚生活は、この時まだ10代前半のグィネヴィアが夢に見た結婚生活とは程遠いものであった…。

 

 

また、グィネヴィアが嫁入りに持参した円卓が、アーサー王と騎士達が共に席を囲むことに使われるようになり、以降、キャメロット城の騎士達は「円卓の騎士」と呼ばれるようになった。


円卓の騎士

キャメロット城を拠点とし、様々な冒険に挑み、多くの武勇を誇り、盤石に思えたアーサー王と「円卓の騎士」の栄華にもやがて不穏な陰が忍び寄るのであった。

 

 

「円卓の騎士」の筆頭格であり、アーサー王の個人的な親友でもある「騎士のなかの騎士」ランスロットと王妃グウィネヴィアが不倫関係となっていたのだ。

 

 

 

法律で不倫の罪は死刑と決まっていた。

 

しかし、アーサーは、愛する妻と親友の命を奪いたくないがゆえに、二人の不倫関係に薄々気づいてはいるものの詮索することは避けていた。
 

アーサー王

 

そうして、アーサーは、嫉妬心と二人を罰したくない思いの狭間で苦悩する日々を送るが、その苦しみを抱えたまま、二人と上手くやり、事を荒立てずに、気付いていないフリを通すことが一番無難なのだろうという結論に、いつも落ち着いた。

 


 

そんなアーサーのもとへモルドレッドという少年が現れ「円卓の騎士」に加わることとなった。

 

このモルドレッドという少年は、グウィネヴィアと出会う以前のアーサーが姉であるモルゴースとの間に作った子どもであった。

 

アーサーの過去の暗部そのものといえる息子モルドレッドは、知恵が働き勘の鋭い男だった。


モルドレッド1
 

モルドレッドはすぐにランスロットとグウィネヴィアの不倫関係に気付き

「父上も気付いているはずです。父上は二人を見過ごし、王自らが法をないがしろにしようとするのですか?」

そうアーサーに迫るのであった。

 

 

 

そして、モルドレッドは、ランスロットとグウィネヴィアの不倫関係のまさにその現場をおさえた。

モルドレッドは発見の際の混乱によって、ランスロットは獲り逃すもののグウィネヴィアは捕らえ、彼女をアーサーの前に引き出した。

 

 

もはや観念したアーサー王は、妻グウィネヴィアの死刑を宣言した。

 

 

ところが、死刑決行の日、ランスロットは圧倒的な武勇で城門を突破すると、超人的な馬術でグウィネヴィアを連れ去るのであった。

 

 

 

ランスロット討伐のためにアーサーは出兵するのだが、留守を任せた息子モルドレッドが謀反を起こし、最終的にアーサー軍とモルドレッド軍がカムランの地で決戦することになる。

 

How_Mordred_was_Slain_by_Arthur
 

「カムランの戦い」は、それまでこの地上で起こったどんな戦いよりも激しく凄惨なものとなった。

 

激戦の中でアーサーとモルドレッドの親子は直接対峙する状態になる。

 

 

アーサーの槍がモルドレッドの腹を貫通した刹那、モルドレッドの剣は渾身の力でアーサーの脳天を叩き割った。

 

 

こうして、モルドレッドは絶命し、アーサーは虫の息となる。

 

4アーサー
 

息絶え絶えのアーサーは、数少ない生存者であったベディヴィエールに、自分を近くの湖にある小舟に寝かせるように命じた。

 

 

小舟に横たわったアーサーは言った

 

「私はアヴァロンに行って、このひどい傷を癒さなければならない。しかし、いつの日か、この世界が窮地に立ったとき、私は戻ってくる。それがいつなのかは私にも分からない。ただ、それが遠い先であることは間違いない。」




シルバーグレー

ClubT  アーサー王 「Camelot Castle」

(Tシャツ 税抜12200円,長袖Tシャツ,ジップパーカー,スマホケース各種 など)





バーガンディ

ClubT  アーサー王 「劇団Camelot」

(Tシャツ 税抜3200円,長袖Tシャツ,スマホケース各種 など)




「アーサー王伝説」のエピソードを理解しやすくするために


「アーサー王伝説」は、イギリスの先住民族ケルト人の伝説で、
56世紀に形成され、さらに12世紀以降フランスやドイツなどにも伝わり、聖杯探究やトリスタンの物語などが追加されていった。

 

 

主軸となる物語は、アーサー王の配下である「円卓の騎士」の筆頭格であるランスロットと王妃グィネヴィアの不倫がキャメロット城における軋轢と確執を生み、最終的には、アーサー王とその息子であるモルドレッドの対決に発展する。

 
How_Mordred_was_Slain_by_Arthur

 

 

ランスロットと王妃グィネヴィアの不倫を巡る三角関係や親子対決の展開と共に、円卓の騎士達の個人的な活躍が描かれ、多くのバリエーションを持つため、中世以降、様々な作品のモチーフとして非常に好まれ、現代でもしばしば映画や漫画やゲーム等の題材となっている。



厳格で閉塞的な古いキリスト教の概念が道徳として機能していた時代背景でありながら、「アーサー王伝説」の登場人物達が一途に純粋に素直に命懸けで恋をするエピソードの数々は、道徳がいかに時代や国・地域に左右されようとも、人間が生きるための活力と真の幸福がなんであるかには、そう大きな変化がないことを教えてくれる。



元イギリス首相ウィンストン・チャーチルは言った。
「それは全て真実だ。もしくは、真実でなければならない。」


そんな「アーサー王伝説」を、主要な登場人物をピックアップし、それぞれの視点で物語を表現します。



バーガンディ
ClubT  アーサー王 「Camelot Castle」
(Tシャツ 税抜12200円,長袖Tシャツ,ジップパーカー,スマホケース各種 など)

読者登録
QRコード
QRコード
メッセージ

名前
メール
本文
  • ライブドアブログ