新大陸アメリカに、法や秩序よりも先に無限のチャンスを求めた多くの人々が移動した西部開拓時代は、人間の欲と本能がムキだしとなる厳しい生存競争が繰り広げられました。

一方で、現代からおよそ200年前という人間世界に近代的文明が芽生え始めた頃で、人類史的には比較的最近でもあるのです。

つまり、もしも、世界が突如、原始時代に逆戻りしたら?そんな世界観に可能な限り近づいた特殊な環境ともいえるのが西部開拓時代でした。


そんな興味の尽きない環境は、当然のごとく多くの魅力的な人物達を生みだしていきます。


西部史上最も名高い銃撃事件「OKコラルの決闘」をはじめ数々の戦いをくぐり抜け、晩年は実業家として成功したワイアット・アープ。

そのアープの親友で、若くして肺結核になり、西部劇の映画では吐血をハンカチで拭うシーンが定番となっている医学博士にしてギャンブラーのドク・ホリディ。

強盗のターゲットを強い者に限定し、犯罪者でありながら義賊として民衆の人気を得たジェシー・ジェイムズ。

殺した人間の多さ、その理由の軽さから、無法者のチャンピオンと呼ばれているジョン・ウエズリー・ハーディン。

そして、なんといっても西部史上最も凶悪なアウトローと呼ばれ、犯罪者でありながらその写真に6億円の値がついたビリー・ザ・キッド。

OKコラルの決闘

人間の光も影も全て抱き込んだ男達の物語、その魅力は後世の映画作品で「西部劇」という一ジャンルを築き上げ、富や地位にも代えがたいその魅力こそがアメリカン・ドリームの原点なのではないかと思います。


そんな西部開拓時代の有名人をピックアップし、それぞれの生涯を紹介します。



ビリー・ザ・キッドTシャツ
ClubT  ビリー・ザ・キッド 「劇団Camelot」 
(Tシャツ 税抜3000円,長袖Tシャツ,スマホケース各種 など)



ビリー・ザ・キッドBPジップパーカー
ClubT  ビリー・ザ・キッド 「劇団Camelot」 (BackPrint )
(Tシャツ 税抜3000円,長袖Tシャツ,ジップパーカー など)