703x999樊カイ
樊カイの「カイ」の字は常用漢字でないためカタカナ表記しています。



樊カイ
(はんかい)は劉邦、蕭何、曹参と同じく沛(江蘇省徐州市)の出身で、劉邦とは幼馴染であった。

 

 

紀元前209年「陳勝・呉広の乱」が起こり、秦(史上初の中国統一帝国)の圧政に対する反乱が各地で盛り上がっていき、沛でも反乱軍に協力するべきかどうかの議論がされるようになる。

 

 

蕭何と曹参は人気のある劉邦を沛の長に担ぎ上げ、反乱に参加することとなると、それまで犬の屠殺業をしていた樊カイもこの反乱軍に加わった。

 

沛
 

 

この頃「陳勝・呉広の乱」から始まった反秦軍の名目上の盟主は楚(現在の湖北省・湖南省を中心とした地域)の懐王となっており、事実上の主導者はその懐王を擁立した項梁(項羽の叔父)という人物であった。

 

 

項梁が戦死すると、懐王は宋義・項羽・范増を将軍とした主力軍で趙(河北省邯鄲市)にいる秦軍を破ると、そのまま秦の首都である咸陽まで攻め込むように命じた。一方で、この頃、懐王の勢力下に参加していた劉邦には、西回りの別働隊で咸陽を目指させる。

 

 

そして、懐王は「一番先に関中(咸陽を中心とした地域)に入った者をその地の王にする。」と宣言した。

 

 

 

 

咸陽を目指す劉邦軍において、勇猛果敢な樊カイは大いに存在感を示し、劉邦軍は関中への一番乗りを果たす。

 

 

 

一方で、項羽は東から劉邦を滅ぼすべく関中に向かって進撃。

 

項羽には、自分が秦の主力軍を次々に打ち滅ぼしてきた自負があり、別働隊として出撃した劉邦が先に関中入りして、我が物顔でいることに怒り心頭であった。

 

 

その時、項羽の叔父である項伯が劉邦軍の陣中を訪れ、かつて恩を受けた張良を劉邦軍から救い出そうとするが、張良は劉邦を見捨てて一人で生き延びることを断り、劉邦が項羽に弁明する機会を作って欲しいと頼み込む。

 

鴻門の会
 

劉邦が項羽を訪ねに行くと、本営には劉邦と張良だけが通され、護衛のために付き従っていた樊カイは中に入ることは許されなかった。

 

 

項羽側はハナから劉邦を殺す気で開いた宴会だったので、項羽の軍師・范増は度々劉邦を殺すようにうながす。

 

 

しかし、劉邦が平身低頭に卑屈な態度を示し続けていたので、項羽は劉邦を殺す必要性を感じなくなっていった。

 

 

劉邦をここで絶対に殺しておくべきだと考えていた范増は、煮え切らない項羽の態度に痺れを切らして、部下に宴会の余興として剣舞を踊らせ、劉邦の近くによった時に斬るように命じる。

 

 

宴会場の状況を知った樊カイは、制止する兵士を突き飛ばして宴会に乱入すると、樊カイの迫力に気を取られて剣舞が止まった。

 

 

項羽が樊カイを試すように、大きな盃に酒をなみなみと注いで渡すと、樊カイはそれを一気に飲み干し、次に項羽が豚の生肩肉を丸々一塊出すと、樊カイは盾をまな板にして剣でその肉を切り刻んで食べ尽くす。

 

 

ここで項羽がもう一杯と酒を勧めると、樊カイは「秦王は暴虐で人々を苦しめた。懐王は諸将に、先に咸陽に入った者を王にすると約束した。劉邦は先に咸陽に入ったが、宝物の略奪もせず、項羽の到着を待っていた。功ある人を殺すというのは、秦の二の舞ではないのか。」と項羽に訴えた。

 

 

これに対して項羽は、返す言葉がなく「それほど劉邦が心配なら、ここに座って守っていても良い。」と、完全に劉邦を殺す意思のないことを示す。

 

 

 

腕っぷしも度胸も豪傑そのものの樊カイがいなければ、間違いなく劉邦の命はここで終っていた。

 

その後、劉邦と樊カイは宴会を脱出し、張良が残って、劉邦が先に場を後にしたことを詫びる。

 

この後世に語り継がれる宴会での出来事を「鴻門の会」と呼ぶ。

 

 

領地分配
 

劉邦は命拾いするものの、秦滅亡による采配は項羽が思いのままにすることになり、紀元前206年、項羽は秦との戦いでの功績は二の次で、お気に入りの諸侯を各地の王にして、領地の分配をおこなった。

 

 

関中に一番乗りした劉邦は、逆にその存在が危険視され、 流刑地に使われるほどの辺境の地である漢中を与えられる

 

 

一方、項羽は多くの不満を買い、各地で反乱が続発し、項羽はそれらを圧倒的な力で鎮圧し続けるが、その数の多さに東奔西走するようになり、項羽から劉邦に対する注意力は薄れていく。

 

 

 

劉邦はその隙に乗じて出撃し、項羽と劉邦の戦い(楚漢戦争)は二転三転するも、紀元前202年、劉邦軍の勝利に終わる。

 

 

 

劉邦が天下統一を果たすと、樊カイは数々の戦場での武勲に加えて「鴻門の会」で劉邦の命を救ったことから、臨武(湖南省郴州市)侯を任された。

 

 

樊噲1
 

紀元前196年、樊カイは、謀反を検討した韓信に同調した鉅鹿(河北省邢台市)太守・陳キを討伐する。

 

 

豪傑としてのイメージが強い樊カイは、価値観や道徳観にも真っ直ぐなところがあり、もともと遊び人で怠け癖があり欲に流されやすい劉邦を度々いさめて支え、紀元前189年に死去した。

 

 

また、樊カイの妻・呂シュ(りょしゅ)は、劉邦の妻・呂雉の妹であることから、劉邦の死後も王室の樊カイへの信頼は厚かったが、樊カイの子・樊伉は呂雉の死を機とした政変により殺される。

 



項羽Tシャツ

OhYeah!  項羽 ( 劇団Camelot )

MENS 5.0oz / WOMENS 5.6oz / KIDS 5.6oz Tシャツ [36色/15サイズ]

3,800円(税別)




項羽スマホケースA

ClubT  項羽 ( 劇団Camelot )

(Tシャツ 税抜3000円,長袖Tシャツ,ジップパーカー,スマホケース各種 など)